総武快速線,  総武本線,  鉄道社会,  鉄道社会問題

JR船橋駅でも人身事故。ホームドア設置の提案と、自殺をほのめかす悪魔から「心」を守る方法。

2019年12月3日に、船橋駅で人身事故がありました。

電車に接触したのは高校生だったそうです。

船橋駅は利用者も多く、昨年度の一日あたりの乗車人数は138,950人です。

スクショはこちらより

以前の記事にも掲載させて頂きましたが、1日10万人以上の利用者がいる駅にはホームドアを設置する事が取り決められました。(こちらより)

原則2020年度までに設置とされてますが、船橋駅はなるべく早く設置した方が良いと思います。

今回の件では、成田エクスプレスと接触したと言われ、船橋駅は成田エクスプレスが高速通過するので接触した場合は致命的です。

また総武快速線は11両〜15両の長編成なので、特急以外の電車でも、ホームへの侵入スピードがそこそこ速くなります。

朝ラッシュ時にホームが混雑していれば、足場が狭くなり転落の危険が高くなると言うのもあります。

十分に注意していれば転落する事はあまり無いと思いますが、不意に不注意になってしまうケースも考えられますし、利用者が増えればホームが狭くなるので危険性が上がることは否定できません。

また、混雑したホームで、先頭に並んでいる人は電車が通過する度に少しヒヤヒヤするでしょう。

ホームドアを設置する事で、物理的にはホームに転落しにくくなるので、いくらか危険性は減るはずです。

しかし、ホームドアを設置しただけでは限界もあり、ホームドアは、人間の精神的な苦痛まで解消する事が出来ないと言う問題もあります。

人身事故を起こしてしまう人の多くは自殺とされ、精神的に苦しみを感じている方が多いと思います。

人身事故に関する記事は何度か取り上げてきたのですが、人身事故が多い駅の周辺には人間の心に悪影響を与えるカルト宗教の拠点が多かったりします。

この事について、RAPTブログで人身事故の多い中央線の沿線周辺で行われる悪魔崇拝が関係している事が指摘され、それらが人々の心にまで悪影響を及ぼす事が指摘され明らかにされてきました。

東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。

船橋駅周辺には何かその関連はないか、と言うお話になるのですが、カルト宗教の拠点があり、それが全能神教会になります。

全能神教会は表向きはメソジスト派を装っていると言われ、メソジストを隠れ蓑にしている事があるそうです。

ただツイッター上で調べが進むにつれ、全能神教会は、色んなキリスト教会に入り込んで活動している事が明らかになり、メソジストのみならず、その他教会や団体を装って活動している事もわかってきました。

庶民の感覚では、なぜ他団体を装って活動する必要があるのか理解し難いと思いますが、彼ら全能神教会は他人の教会に入り込んで乗っ取り工作をする事を生業としています。そのため表向きは彼らのターゲットとする教会の敬虔な信者を装って活動している場合が殆どです。

全能神教会の工作員はRAPTさんの教会にも侵入してきており、その実態が暴かれました。

カルト全能神教会ですが、彼らの拠点が船橋にあるから船橋駅で人身事故が起きやすい、といきなり決めつけてしまうのは早合点かもしれません。

しかし、この関係を否定できないもう一つの事実があり、総武線で船橋から東京方面に数駅行った所に新小岩駅があります。

この新小岩駅も人身事故が非常に多く発生している駅です。

実は、この新小岩駅にも全能神教会の活動拠点がありました。

https://twitter.com/way_to_dawns/status/1176318790616772608?s=20

人身事故が多い駅には、必ず全能神教会があると言う訳ではありませんが、カルト宗教は裏では繋がっており、名前は違えど彼らは互いに仲間です。

全能神教会も、この繋がりから外れている訳ではなく、統一教会や生長の家、創価学会などと繋がっている点がいくつも見受けられます。

これらカルト宗教の多くは、表向きは神様を信じていると信者には教えるそうですが、実際に行っている事は、悪魔崇拝である事がRAPTブログを通して明らかになりました。

悪魔崇拝が行われる地域には悪い霊が寄ってきて、霊に対して無頓着な人々の心にも影響を及ぼしていると考えられます。

そして世間でも新小岩駅には何か霊的な影響があると噂されており「呪われている」「地縛霊が呼ぶ」とも言われています。

【閲覧注意】人身事故が多い新小岩駅、地縛霊が呼ぶって本当!?

新小岩駅の快速線ホームには昨年ホームドアが設置されましたが、設置した矢先に、未設置の各駅停車ホームでお客さんがホームに転落する出来事がありました。この時「やはり呪われている」とツイッター上で声が漏れていたそうです。

ホームドア設置したばかりなのに? 新小岩駅「23時の転落騒ぎ」の真相

ホームドアの完全設置はまだ先の見通しだそうなので、ホームドアに頼り切る訳には行かないのも現状です。

そのため、自殺を引き起こしてしまう思考、つまり心の面から事故を防ぐ必要があると考えられます。

霊の原因を全く知らないと、心の問題は精神科で解決すると考えてしまうかもしれません。

安易に精神科に行って、薬で対処するのもまた危険です。なぜなら、精神科で出される向精神薬は麻薬と同じ成分で作られているからです。

RAPT×読者対談〈第91弾〉悪魔崇拝と麻薬。

麻薬を摂取して窪塚陽介がマンションから飛び降りた例があるように、余計にホームから飛び降りてしまう可能性すらあります。

悪霊から心を守るためには、神様に正しく祈る以外に方法はなく、その方法がRAPTブログに詳しく書かれています。

悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。

悪魔からの影響は知らず知らずに受けている事が多いです。原因不明の苦しみがある、原因不明の頭痛がする、悲壮感や虚しさがつきまったり、なぜだか周りの景色が暗く感じる、などその影響は微細なところに現れます。

本当に祈りよってそれらが晴れて行くことを私も何度も経験しています。

読んでくださった方が、神様に正しく祈り、暗い悪魔悪霊の影響から心身を守る道を見出してくれたら幸いです。

そして現実として、人身事故が減って行くことをも願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です