Uncategorized

【保険の見直し】「がん保険」はすぐに辞めていい理由。

巷では保険の見直しをしませんか、という謳い文句を聞いたりします。

保険の見直しとは、簡単に言うと、契約内容を見直し、必要な保障が何かを再度確認して保険の契約内容を変更する事です。そして無駄に払ってしまっている保険があれば削り、節約をする意味もあります。

保険窓口や代理店から保険の見直しに関する案内が来ることがあるでしょう。それらで、まだ言われれる事は無いと思いますが、保険の契約内容を見直す時に、確実に削って良いものがあり、それはがん保険になります。

理由としては簡単で、癌という病気が存在しない病気だからです。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

癌について本を読んだり、以前ネット調べた事がある方は痛感すると思いますが、癌はよく分からない病気で、その正体が何なのかハッキリわかりませんでした。

ところがRAPTブログの記事では、それら答えの見えなかった癌について、数々の事例を元にはっきりと癌は存在しない病気だという答えを示してくださっています。

癌が存在しないと確信できたら、癌に対する不安要素が消えるので、とてもラクになります。

また、癌が存在しないと分かれば、がん保険も全く不要である事が分かってきます。

ただ、マスコミは相変わらず癌の恐怖を見せつけるようなニュースを流して国民を不安がらせています。

近頃では、笠井信輔アナウンサーが癌で闘病中だとニュースで流れ、インスタグラムでも彼の苦しそうな姿が投稿されたており、癌と闘病する有名人の姿を見せられる機会がまだまだあります。

そのため、癌がコワイ病気だという印象を与え続けられてしまい、癌が存在すると思ってしまう可能性があります。

また、癌は早く治さなければ治療が出来なくなり手遅れになると言い、恐怖感を植え付けるニュースも見かける事があります。

5年前がん見落とし悪化、兵庫 県立西宮病院、手術できない状態

しかし、癌検診を受けて癌を発見できたからといって死亡率が減る事がないのが現実です。むしろ癌検診を受けた方が死亡率が上がってしまうデータがあり、その結果をまとめた「チェコ・データ」と言うものがあります。

「がん検診」が、がんを作る原因になる?レントゲンやCT検査に潜む危険性について

でもこれは不思議な事ではありません。癌検診さえ受けなければ癌になる事は無いのです。

癌検診を受ける事で癌という病気が作り出されるので、がん検診に行かなければ、世間で言われきた癌にはならないのです。

癌患者が実際に亡くなってしまう原因に「抗がん剤」があります。

抗がん剤は、マスタードガスと言われる化学兵器を元にして作られたモノで、薬というよりむしろ毒と言えます。

医師達は抗がん剤が毒である事を分かっているかのように、自分自身の治療のために抗がん剤を使う事が無いと言われています。

癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

もうひとつ癌で体調が悪くなる原因として「精神的な不安」も考えられます。

私たち一般庶民の多くは、癌が怖いと聞かされながら育ってきました。そのため、癌宣告をされたら、自分も死ぬかもしれないと考えたり、過酷な闘病生活が始まるかもしれないと考えてしまう可能性が高いです。

苦しい闘病生活が始まる、死ぬかもしれないと想像したら、誰だって多かれ少なかれ精神的に滅入ってしまうでしょう。

癌が存在しないとわかれば、これらの不安や恐怖から全て解放されます。

癌が嘘の病気なら、あなたは癌治療を辞めて元気になった人を知っているのか?と言う方もいるかもしれません。

その答えについてはYESです。

今回はツイッター上で癌治療を受けずとも治ったと証言して下さっている方が幾人もいらっしゃったので、いくつかご紹介させていただきます。

https://twitter.com/QRRjksa1sPMOyFj/status/1004324194912428033?s=20
https://twitter.com/lovelyhage/status/1038689049710456832?s=20
https://twitter.com/Tohki_F/status/1050222130573393921?s=20
https://twitter.com/kazucook/status/487490875673415680?s=20
https://twitter.com/Yurgh0304/status/1086502201902587904?s=20

いかかがでしょうか。

また私の家族は癌治療を誰も受けていませんから、誰も癌にかかっていません。

そしてこういった体験談は探せば沢山出てくるはずです。

私としても、癌という病気が存在しない事が広まり、癌利権そのものが廃れ、それに伴う癌ビジネスが無くなって欲しいと願います。

癌の治療薬はどれも高額ですし、がん保険も払い続ければ、それは高い金額になります。

癌に対する恐怖よって経済的にも生活が圧迫されているのです。

そんな癌ビジネスを日本に広めてきた中心人物達は誰なのか、その点についてもRAPTブログで解き明かされているので是非ご覧いたただければと思います。

RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です