鉄道の維持費を軽減するための考案。車体の軽量化。
鉄道の維持費を軽減するための考案。車体の軽量化。

鉄道の維持費を軽減するための考案。車体の軽量化。

コロナパンデミックが始まり、人の移動がそれ以前に比べて減りました。

その影響をモロに受けたものに鉄道があります。

今後、人の移動はコロナの前ほどに戻らないという見通しからでしょう、鉄道業界各社では減便を実施する方針がとられていると言われています。

 2022年の鉄道は「大減便時代」本格到来か 首都圏でも朝の本数削減 外堀埋まる「ワンマン化」

人の移動が減ることで、鉄道では全体的に運賃収入が減ります。

運賃を上げてサービスを維持するか、減便などで利便性を下げるも、運賃を維持するかなど、恐らく様々な案が出されているでしょう。

鉄道は維持費が高いと言われ、維持費に苦しむローカル線の話などをよく耳にします。

鉄道は安全面に関して慎重さが要求され、新技術導入にも十分な安全性の確認が必要です。

そのため、すぐには鉄道の技術的な変更は難しいと考えられますが、新たな技術を取り入れることで維持費を減らすことが出来るのではないか、と私としては思っているところがあります。

Sharon AngによるPixabayからの画像

・鉄道車両の軽量化

鉄道車両は重く、最近走っている電車ですと1両30~40t(積んでいる機器によって重さが変わるため開きがでます)ほどあったりします。

鉄道車両は重くなっても大丈夫という発想が続いている訳でなく、開発段階で軽量化のために様々な策が考案されているようです。

 省エネルギーのために 鉄道車両を軽量化する

 人間よりも過酷? 鉄道車両の軽量化 車体も窓も厳しく設計、どんな利点が

鉄道車両が軽くなることで維持費の削減につながる事があります。

例えば、

・鉄道の車両が軽くなると、車両を動かすためのエネルギーが少なくて済む
→動力コスト減

・車体軽量化により、線路へのダメージが減る。
→線路のメンテナンス費減。

鉄道車両に使われる材料が、木製から普通鋼、ステンレス、そしてアルミニウム合金などに変わり、剛性維持、軽量化、耐食性などが求められてきました。

開発されている軽量素材に、セルロースナノファイバー(CNF)というものがあり、軽量かつ高強度で、セルロースナノファイバーを使った自動車の展示会なども開催されています。

 鉄の5倍の強度で重量は5分の1! 環境に優しいセルロースナノファイバー製の車が世界を救う?

軽量で強度の高い素材が鉄道車両にも使うことが出来るようになれば、鉄道車両の軽量化に役立つと考えられます。また木の繊維から作られた素材のため、鉄やアルミニウムに比べて絶縁性も優れていると考えられます。

ただ、鉄道車両はある程度の重さがないと、走行安定性が下がるとも言われます。

あまりに軽すぎると、この辺の安全性についてはどれほど差が出るのでしょうか。脱線しないために必要な重さが計算でき、計算の精度が上がるほど、どこまで軽くするかもキッチリ決められるでしょう。

・車体が軽い素材に変っても鉄道車両は重くなっている、という現象が。

鉄道の車両の素材が普通鋼からアルミニウム合金に変わり、車体そのもの軽くなっていると思いきや、新しい鉄道車両は実は重くなっているという現象が起きています。

参照元 Wikipedia

新しい車両には、従来のものよりも重い機器を積んでいる場合があるようで、車体が軽い素材になっても、車両全体が重くなっていると言われます。(リンク)

逆にそこまで搭載機器を増やさなければ、車体を軽くすることも出来ると考えられます。

 

・産業のコストを上げている原子力発電の詐欺的商法。

鉄道車両も電力で動かしている場合が多く、電力のコストそのものが、下がれば維持費の削減に繋がります。

電力の値段を釣り上げている原因に原子力発電があり、実は、この「原子力」というものが嘘で固められており、その利権を作り出して庶民を騙し続けている犯人にイルミナティがおり、彼らは原子力を使って庶民から多大なお金を騙し取ってきた事が明らかになっています。

 【原発利権の闇】稼働していない原発から毎年1000億の収益を得る企業・日本原子力発電

 【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

そして、イルミナティがいる限り、このような原発詐偽が続くと考えられます。

原発の詐欺が無くなれば、産業全体や家庭全体の負担も軽くなり、電力を多く使う鉄道会社の負担も軽くなると考えられます。

このような、イルミナティが行う詐欺によって理不尽な負担がなくなるように、イルミナティの滅びを今後ともお祈りし、最後まで希望を捨てることなく、平和や秩序が保たれる世の中へと変わっていくことをお祈りしたいと思います。

オススメ記事

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です