コロナワクチン未接種でもコロナ感染症にはならない。ワクチンを接種する事で、逆に健康に異常をきたす。
コロナワクチン未接種でもコロナ感染症にはならない。ワクチンを接種する事で、逆に健康に異常をきたす。

コロナワクチン未接種でもコロナ感染症にはならない。ワクチンを接種する事で、逆に健康に異常をきたす。

コロナワクチンを接種したことで健康を害したという情報が、ネット上に沢山上げられています。

これに関してはブログでまとめている方がおり、

TwitterodyseeDuckduckgo、などで、ワクチンの健康被害や副反応などをキーワード検索することで、その健康被害についての情報を沢山見つけることができます。

いくらマスコミがワクチンの健康被害を隠蔽しようとしても、ネット上では隠しきれず、ワクチンに強い毒性があることについては疑う余地がない状態です。

 

コロナワクチンを接種を迷う人の中に、「ワクチン未接種のままでいたら、いつか感染して健康に害が出るのではないか…」と心配している方もいるかもしれません。

このことに関して、逆の現象が起きており、スコットランドのメディアでは、ワクチン未接種者よりワクチン接種済者の方が、入院している人が多いという記事も出ています。

ネット上で探すと、他にもコロナワクチン接種をしたにもかかわらずコロナ感染をしていると言う記事が多数あり、このような記事を見ると、単にワクチン接種するだけではコロナ感染を防げないと言うことが分かります。

逆にコロナワクチンを未接種の人が死んだと言うニュースを見かけることもありますがこちらは、フェイクニュースである可能性が高いです。その目的はコロナ茶番を煽るため、ワクチンやワクチンパスポートなどに誘導するためだと考えられます。

どんな死因であろうと、検査で陽性さえ出してしまえば`コロナ死`に出来る方法があり、政府やマスコミはその方法を使ってコロナ感染死者数を捏造できる仕組みがあります。

 私自身、コロナワクチンを受けていないのですが、これまで言われてきた肺炎や呼吸困難など、コロナの症状にかかったことはありません。

(コロナワクチンの副作用をコロナの症状だと言って、ワクチンの危険性を隠蔽しながら、コロナ感染者を捏造する手段も使われています。詳しくはこちらから)

人に会うこともありましたし、電車に乗って移動することもあり、全く隔離された状況にいたという事でもありません。

ワクチンを接種していない人の中で、特に健康に異常をきたしていないと言う人は、沢山いると思われます。

冒頭にも書かせていただきましたが、ワクチンを接種することで健康に被害をきたしていると言う情報が沢山見受けられます。

ワクチンを打つことと打たないこと、どちらが健康に害を及ぼすかは私の中では既に明白なのですが、

まだワクチンの危険性をきちんと知らずにワクチン接種を迷っている方がいればワクチンの危険性についてよく調べることをおすすめ致します。

その危険性が分かったらワクチン接種を拒否し続けていき、ワクチンを接種しないようにすることが必要です。

 

おすすめ記事

人間本来の免疫力より優れた“ワクチン”はこの世に存在しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です