コロナ禍の緊急事態宣言での自粛を呼びかけなどにより2020年度、がん検診を受ける人が減少し、新たに癌にかかる人も減るという事が起きました。

新規がん患者、初の減少 コロナ下、20年5.9%減―検診減影響か・国立センター

 出典 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112600009&g=soc

今回、コロナ禍でがん検診にいく人が減ったことで新規がん患者が数万人規模で減ることになり、がん検診にいく人が減れば癌にかかる人が減るという事が、データとしても出てくるようになりました。

 

癌は捏造される病気であり、実際のところ癌という病気は存在していないことがRAPT理論によって暴かれています。

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

がん検診に行かない事で、癌を知らずのうちに発症してしまったらどうしよう?という心配があるかもしれませんが、ありもしないこと(病気)に危険だ危険だと言って不安を煽るその手口や、毒である抗がん剤の投与、激しい痛みを伴う切除手術を行って、人々を死に追いやってきたことなどそのカラクリについてもRAPT理論を通して詳しく暴かれています。

そのため、RAPTブログの癌のカラクリについての記事はぜひご覧になってほしい内容となっております。

癌という病気が人を殺しているのでなく、癌治療が人を殺しているということに多くの人が気づき、無駄な癌治療にお金を払い、命を奪われてしまうことがないようにと願います。

またこれら嘘の治療によって暴利を貪る医学会が、嘘の洗脳から解かれ、ありもしない病気を作り出してボロ儲けをする体質が正されていくことを祈ります。

By MKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です