日本では有名な「盆踊り」があります。夏の風物詩のひとつとして全国的に知られています。

ただこの盆踊りは、かつて性的乱行の場だったといわれ、森鴎外の「ウィタ・セクスアリス」という小説の中でも、そのことがはっきりと描かれているようです。

また、明治時代には、しばしば風紀を乱すとして警察の取り締まり対象になっていたようです。

 鎌倉時代以降、経済力や自治力を得た民衆により新奇な趣向が次々に考案され、江戸時代初頭には絶頂を極めることになる。江戸では7月に始まり連日踊り明かしながら10月にまで続いた。次第に盆踊りは性の解放のエネルギーと結びついていく。日本では性は神聖なものとされ、神社の祭礼を始めとし、念仏講御詠歌講など世俗的宗教行事の中心に非日常的な聖なる性があるべきと考えられるようになり、盆踊りは性の開放エネルギーを原動力に性的色彩を帯びるようになる。明治時代にはしばしば風紀を乱すとして警察の取締りの対象となって一時は激減していた。盆踊りは未婚の男女の出会いの場にとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場をも提供していた。ざこ寝という、男女が一堂に泊まり込み乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びつき広まり、ざこ寝堂はほとんど全国の農村には存在した。これは昭和時代に至っても続いていた[7]

https://ja.wikipedia.org/wiki/盆踊り

徳島から全国に広まった盆踊りに「阿波踊り」がありますが、この阿波踊りは蜂須賀家が始めたとする「築城起源説」があります。

蜂須賀氏は卍を家紋に持ち、この卍を冠した組織を立ち上げていた人物に大本教の教主・出口王仁三郎がいます。

出口王仁三郎が教主を務めた大本教が、イルミナティの作った宗教であることがRAPT理論で暴かれています。

また、イルミナティが神に反逆したユダヤ人であることも明らかにされています。

そして、この出口王仁三郎もユダヤ人で、レビ族というイスラエルの部族の出である可能性が高いです。

また、蜂須賀正氏は、張作霖という中華民国にそっくりで、同じ血族である可能性があります。

中国姓の「張」という姓についても、ユダヤ人がルーツにあると言われ、「張」はユダヤ人名「Joshua」を持つ人達が、中国に来て受けた姓だと言われています。

 開封のユダヤ人

このように、盆踊りが蜂須賀家を起源とする説があり、蜂須賀氏がユダヤ人と繋がりがある点が挙げられるのですが、(その他にも日本とユダヤの共通点は多数あります。)

今回考えられる事ととして、盆踊りもユダヤ人、つまり古代イスラエルに繋がりがあるのではないか、という事についてです。

旧約聖書の士師記にこのような記述があります。

士師記 第21章13節〜25節

13 そこで全会衆は人をつかわして、リンモンの岩におるベニヤミンの人々に平和を告げた。

14 ベニヤミンの人々がその時、帰ってきたので、彼らはヤベシ・ギレアデの女のうちから生かしておいた女をこれに与えたが、なお足りなかった。

15 こうして民は、主がイスラエルの部族のうちに欠陥をつくられたことのために、ベニヤミンをあわれんだ。

16 会衆の長老たちは言った、「ベニヤミンの女が絶えたので、かの残りの者どもに妻をめとらせるにはどうしたらよいでしょうか」。

17 彼らはまた言った、「イスラエルから一つの部族が消えうせないためにベニヤミンのうちの残りの者どもに、あとつぎがなければならない。

18 しかし、われわれの娘を彼らの妻に与えることはできない。イスラエルの人々が『ベニヤミンに妻を与える者はのろわれる』と言って誓ったからである」。

19 それで彼らは言った、「年々シロに主の祭がある」。シロはベテルの北にあって、ベテルからシケムにのぼる大路の東、レバナの南にある。

20 そして彼らはベニヤミンの人々に命じて言った、「あなたがたは行って、ぶどう畑に待ち伏せして、

21 うかがいなさい。もしシロの娘たちが踊りを踊りに出てきたならば、ぶどう畑から出て、シロの娘たちのうちから、めいめい自分の妻をとって、ベニヤミンの地に連れて行きなさい。

22 もしその父あるいは兄弟がきて、われわれに訴えるならば、われわれは彼らに、『われわれのために彼らをゆるしてください。戦争のときにわれわれは、彼らおのおのに妻をとってやらなかったし、またあなたがたも彼らに与えなかったからです。もし与えたならば、あなたがたは罪を犯したことになるからでした』と言いましょう」。

23 ベニヤミンの人々はそのように行い、踊っている者どものうちから自分たちの数にしたがって妻を取り、それを連れて領地に帰り、町々を建てなおして、そこに住んだ。

24 こうしてイスラエルの人々は、その時そこを去って、おのおのその部族および氏族に帰った。すなわちそこを立って、おのおのその嗣業の地に帰った。

25 そのころ、イスラエルには王がなかったので、おのおの自分の目に正しいと見るところをおこなった。

https://ja.wikisource.org/wiki/士師記(口語訳)#第21章

イスラエルで起きた戦争でベニヤミン族の女性が絶えてしまい、ベニヤミン族が妻をめとる事ができるように、祭りで踊りを踊っている女性の中から妻を迎える事ができるようにするシーンが、聖書の士師記の中にあります。

 

聖書に記述された民である’古代イスラエル’の中からイルミナティが出ており、彼らは世界各地に散らばり、日本でも聖書の中の記述を利用して、その内容をすり替えて、盆踊りを作ってきた可能性が考えられます。

イルミナティは庶民の間にも悪魔崇拝の要素を入れ込んでいき、乱交という悪魔崇拝者たちの儀式を日本でも行ってきたことがあり、盆踊りに乱行が行われるようになったこともその一つではないかと考えられます。

 乱交は流石に現代の一般人の間では忌避されるものですが、不倫などは世の中に横行しており、性的な乱れが広がっていることも感じます。

性的な乱れによってイルミナティと共に滅んでしまうことがないように、真実を知る事をできる人が一人でも増えることを願います。

 

追記:2022/08/16

Yahoo!ニュースに以下のようなものが出ていました。

若者の半数超「盆踊り経験ない」 近隣クレームで廃止の動きも

こちらのニュースが出たのが、2022年8月15日16時46分。

そして、こちらの盆踊りが乱交(悪魔崇拝の儀式)であるとツイートがされた日がちょうど前日になります。

https://twitter.com/3_threebeans/status/1558762460014088193?s=20&t=hCh7kUXaEdczBMFzJEf3QQ

これまで多くの人々が、淫乱な要素を含む盆踊りに耽っていたのかも知れません。

 

今の時代、イルミナティに対して強力に裁きが下されています。

今回、若者の盆踊り離れが進み、盆踊りが衰退してきているというニュースが出ましたが、若い世代の人があまり淫乱なものに魅力を感じなくなってきているのかも知れません。

勿論、盆踊りに淫乱な要素が入っているというのを知っている人は多くないと思いますが、どこかそういった要素に魅力を感じない、盆踊りの俗っぽい波長に惹かれないということがあって、若い人たちがそのような感覚になっていると考えられます。

こういった盆踊り離れのニュースを見た時に、神様が人々に霊感を与え、人々が淫乱な行事に心が奪われないように導かれ、真理に辿り着きやすいように導かれているのかも知れないとも感じました。

By MKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です