未分類

生活保護受給を不当に占める創価学会。日本の闇に創価の闇。

日本には生活保護受給という制度があります。

しかし、なぜか生活保護を受給しているとズルいと言われる事があり、生活保護を受給することに躊躇いを感じさせる風潮があります。

失業などによって、生活するお金が無くなってしまい困っている方は、生活保護を活用して生活を繋いでも良いでしょう。

本来、生活保護はそういった方達のためにあるはずです。

スクショは https://sw.self-sufficiency.jp/public-assistance/ より

生活保護受給者がズルいという印象は、なぜついて回っているのでしょうか。

その原因ですが、創価学会員による生活保護の不正受給があるためと考えられます。

https://twitter.com/kawta02/status/1315317168322478080?s=21

生活保護受給者の多くは創価学会員と言われており、葛飾区では生活保護受給者の9割が創価学会員と言われています。

創価がなぜそんなにも生活保護を受けやすくなっているのでしょうか。その背景の一つに役所側にも創価学会員が送り込まれている事があります。生活保護の窓口になっている社会福祉課の人達(ケースワーカー)に多くの学会員が送り込まれており、創価学会員は容易に生活保護を受給できる仕組みを影で作って来たようです。

https://ameblo.jp/jmuzujmuzu/entry-11068298683.html

生活保護を受けている創価信者達は、仕事を探したり復帰に励む訳でなくとも、生活保護を受給しつづけているケースがあります。

生活保護は税金から出ているので、仕事も探さない大量の創価信者が、生活保護を受けていたらそれは怒る人が沢山出てくるのも当然に思えます。

しかも、創価信者達は生活保護を貰いながら、とんでもない犯罪行為をしている事もあり、集団ストーカーをしながら生活保護をもらっています。

まともに働かずに、ストーカーという犯罪行為を行ってお金を貰いつづけていたら、本当に精神的におかしくなる一方ではないでしょうか。

創価が集団ストーカーをする動機もかなり悪質です

創価が犯罪行為や数々の嫌がらせを行ってきた話は有名で、ネットを検索すると沢山出てきます。(Googleが創価企業なのでGoogleでは創価の悪事を明るみに出すページがヒットしにくくなっています。)

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1281708445930893312?s=21

その創価の利益を損なう者や敵対者とみなした相手に集団ストーカーを行い、精神的に嫌がらせを行う。

おまけに呪いの題目というモノを唱え相手を呪う事もあるそうで、いわゆる呪術を使っており、こういった点からも危険なカルトです。

https://twitter.com/white71111/status/1287481575538454529?s=21

集団ストーカーは被害に遭っているのかが分かりにくい、という特徴があると言われてきました。(警察内にも創価学会員が多数いるため、警察幹部が隠蔽するために、敢えてまともに取り合ってこなかった。と考えられます。)

https://twitter.com/god_bless_you_/status/1317183436491157504?s=21

しかし、RAPTさんが集団ストーカーの被害に遭われているところ、彼らの姿をとらえて明るみにしてくださっています。

https://www.instagram.com/tv/CGgDs-HFmhU/?igshid=1wtddx7kzir9w

https://www.instagram.com/tv/CHiYUtLltU4/?igshid=vqa6wrvdpru1

https://www.instagram.com/p/CIgSBo5l3Un/?igshid=16k9pr8fl3s8g

創価の闇は数々暴かれており、コロナパンデミックを実行している事もRAPT理論を通して暴かれています。

http://kawata2018.com/2020-04-12/

創価は数が多く、そのネットワークも広く、あらゆる企業、省庁、警察や役所など公務員と言われる人達に入り込んでいます。そのためとても巨大な組織でその組織力を使って悪を行なって来たので、いち庶民では太刀打ちが出来ないように思われて来ました。

しかし創価も弱体化の兆しがあります。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1369587701129744386?s=21

日本ひいては世界に巣食う創価が滅びることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です