未分類

コロナワクチンを打ってはいけない。コロナワクチンは悪魔崇拝者たちが撒く毒。(ファイザー、アストラゼネカなど、いずれも強い副作用が多数報告される)

コロナワクチンには多数の副作用が報告されていおり、中には死亡例もあります。

これらの話はニュースにも流れている事があるので見聞きした方もいらっしゃるかと思いますが、こういったワクチンの危険性に関するニュースを見て、どちらかというと「ワクチンを打ちたくない」と思う方もいらっしゃるかと思われます。

ワクチンの中身はあまり知らされていませんが、様々な菌や動物の内蔵、金属などを入れ込んだ得体の知れないモノだとも言われています。

そして、今回のコロナワクチンについてもその成分は隠されており、政府発表の資料では原薬や工程などが黒塗りになっており、今回のにしても怪しいモノである事が見受けられます。

一方で危険と言われ、その安全性が立証されていないワクチンを打たせたがる政府もおかしいと思われても不思議ではありません。

一方ではワクチンによる人口削減が計画されていると言われていました。そしてその首謀者の一人にビルゲイツがいるとも陰謀論では言われてきましたが、ワクチン担当相の河野太郎は、そのビルゲイツとも実際に繋がっていました。

スクショ画像はこちらより

ワクチンが危険だと言われても、コロナに感染しないか心配で、ワクチンを打たなければいけないかもしれない、と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

現実にコロナは存在しない→存在しないウィルスのためにワクチン摂取が不要だという事が分かるとワクチンは本当に打つ必要がない事がわかります。

現実に一般人の間では、コロナに感染した人が周りにいないという場合が殆どです。

怖い怖いと煽られますが、ニュースで言われてきたようなコロナ患者は周りの人には現れません。

こういった事実を見ると、コロナの存在が実感として得られないという事があります。

そして、コロナは存在しない病気で、イルミナティといわれるユダヤ人が仕組んだ計画で、実際にコロナ騒動を実行してきたのが創価学会である事がRAPT理論によって暴かれています。

ワクチンを打つ事で、何の症状も出ていなかった人達が、つぎつぎと体調に異常をきたしてしまう可能性が高いです。

ワクチンはいずれも、毒である事がその体験談を通して挙がっており、そちらもRAPTブログ内で紹介されております。

イルミナティと言われる悪魔崇拝者達は、無いはずのコロナをあると言いふらし、人々を不安と恐怖に陥れて、毒であるワクチンを撃たせようとしています。

イルミナティ(悪魔崇拝者達)による支配のカラクリはRAPTブログで詳しく明かされております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です