ワクチン接種会場で人が倒れる事象も。
ワクチン接種会場で人が倒れる事象も。

ワクチン接種会場で人が倒れる事象も。

ワクチン接種後に体調不良になる人が出ており、そのような人の中で体調が優れない中、酷い場合はそのまま倒れしてしまう人もいます。

ワクチン接種会場によっては救急隊が待機している事もあり、人が倒れることを想定した上でこのような処置が取られている事が分かります。

河野太郎などはワクチンが安全だとYoutube上で述べていましたが、本当に安全なワクチンならば、このようにいつ人が倒れるか分からない代物であるというのはおかしな話です。

勿論ワクチンが安全というのは、河野太郎などイルミナティと繋がった人物が、自分達の都合でワクチンを推進したいから述べているだけで、実際にはワクチン接種後の死亡者は増えています。

この厚労省の発表している数字は氷山の一角に過ぎず、実際はもっと多くの方がワクチンの接種によって亡くなっている可能性が高いです。

ワクチン推進担当大臣として、嘘をついてでもワクチンを推進してきた河野太郎についてですが、彼はワクチンによる人口削減の提唱者であるビルゲイツと繋がっています。


ワクチン接種によって救急車の出動が増えた事は、多くの人が実感しているところでもあります。

接種会場では救急車を見かける人もおり、そのため多くの人がワクチンに対して不安を抱いていると思われます。

ワクチンの危険性はネット上で広く拡散されており、調べれば関連する情報に辿りつきます。

そして、ワクチンが危険だと気づいていれば、勇気を出して予約をキャンセルする事も出来ます。

ワクチンを焦って接種して命を危険に晒すより、その前に本当にコロナウィルスが存在するかどうか、コロナはマスコミによる捏造ではないかキチンと調べることをお勧めします。

※コロナが存在しない証拠も出ています。

ワクチンの危険性について真実が更に広まり、多くの人がコロナが存在しないことに確信を持てるようにと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です