コロナワクチン接種によって血栓症が引き起こされる。(赤血球が損傷し、体力低下などの懸念も。)
コロナワクチン接種によって血栓症が引き起こされる。(赤血球が損傷し、体力低下などの懸念も。)

コロナワクチン接種によって血栓症が引き起こされる。(赤血球が損傷し、体力低下などの懸念も。)

イギリス在住のフィリップ・ヴァン・ウェルバーゲン医師が、コロナワクチン接種をした患者から採集した血液を検査した結果、赤血球が塊になることや、赤血球の損傷が見られ、コロナワクチンを接種していない人の血液との間に明らかな違いがある事が、Stew Peters show番組内で報告されました。

赤血球が固まる事で血液が固まり、それによって血栓症を引き起こす危険性があります。

その他にも、コロナワクチン接種による血栓症の危険性を訴えているところがあります。

スペイン、ロシアでは、ワクチン接種者に対しては、血栓症を引き起こす可能性がある事から、飛行機に搭乗をしないように警告が出されていました。

また、カナダでは、ワクチン接種をしたパイロットに対してフライト禁止令が出されています。

海外のこうした出来事から、ワクチン接種が、血栓症を起こす原因になっている事が認知されており、コロナワクチン接種はかなり危険だと言えます。

 

血栓症ができる事については、これらの危惧だけではなく、実際にワクチンを接種した人から採取した血液が、ゼリー状に固まったという出来事があり、それらの危惧を裏付ける映像が出てきています。

 

また、赤血球の損傷が起きるという事は、体力が落ちて、体が疲れやすくなるなどの弊害が生まれる可能性が十分に考えれます。

赤血球には。酸素を運ぶ役割があると言われ、赤血球が損傷する事で、体に酸素を運ぶ機能が低下する恐れがあるからです。

https://blog.goo.ne.jp/skrnhnsk/e/98cea4fe0d68d6d72b7e0621b6c67f37

スポーツ選手は、体力の低下が選手生命にも繋がるため、ワクチン接種によって体力低下が大きくなると考えられ、やはり接種をすることがあってはいけません。(勿論、スポーツ選手でなくともワクチンは危険なので、接種をしてはいけません。)

NBAの選手からもワクチンの効果への疑問が述べられ、接種を拒否する選手も出てきています。

 

血栓症には、皮膚の変色が起きる症状があると言われています。

皮膚の変色
足全体が紫や赤黒くなったり、皮膚の表面に静脈が浮き上がって見えたりすることがあります。
これはうっ血によって起こる現象で、老廃物が混じった血液が足に留まることで、皮膚表面の色が変化したように見えている状態です。
なお、皮膚の色の変化とともに、激しいかゆみが起こったり、火傷のような跡ができたりすることもあります。
さらに、太ももの内側や膝裏にボコッと血管が浮き出ることもあります。
ただし、初期症状では血管が浮き出るなどの症状が見られないことがありますので、変色に気付いた時点で治療を受けておく必要があるでしょう。

https://www.ashifumi.jp/news/1752/

コロナワクチンの副作用を起こした人の中には皮膚の変色が起きている事があり、これらのケースでも血栓による傷害が起きていると考えられます。

このようにコロナワクチンには命に関わる危険があります。

今後も政府や企業が、ワクチンを打つように呼びかける事があるかも知れませんが、安易にそれらに乗る事なく、冷静に判断し、危険なワクチンや治療薬を断る事が必要です。

また、既にワクチンを打ってしまった方もいるかも知れません。

ワクチンの毒性に対して全くなす術が無いかというとそういう訳ではなく、ワクチンに含まれる毒性を持つ物質の酸化グラフェンの被害を抑える方法も述べられています。

画像引用元 http://rapt-plusalpha.com/health/post-16990/

ただ、やはりそれだけでワクチンの毒性を全て排出できるかは保証の限りではありません。

どうしようもない状況の中でも、本当に神様に祈り求めて、助けを乞う事が、重要になると思います。

 

政府が発信する一方的なワクチンの情報などにもっと慎重に接して、納得がいくまで答えを探し求めて、もう安易に追加接種を受けるような事があってはいけません。

お勧め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です