この春から片頭痛の治療薬の開発が盛んになり、何社もの製薬会社が開発し始めているそうです。

頭の片側がズキズキ…片頭痛の新薬、続々と登場 痛み予防する効果

このようにこぞって新薬の開発が進められると、また新たな利権なのではないかと思ってしまいます。

 

私は男性ですが、以前よく頭痛になり、原因が分からずに困っていました。

その時、飲食店に勤めていたのですが、仕事で右手を沢山動かすから、右側の筋が凝って神経を圧迫しているのだろうか?などと考えたりした。(ただ利き手を使わずに仕事をするのでは捗りません。)その他にも色々な原因を考えました。

鍼灸院に通った事もありましたが、お金がかかるため続かず、しばらくすると頭痛が再発するため困っていた経験があります。

バファリンなど薬を飲めば一時的に良くなるのですが、頭痛が頻発するようでは常に薬を飲まなければいけないという状況になるので、その事がとてもネックになっていました。

RAPT blogに出会った時に、聖霊を受けるという話を聞き、頭痛には霊的な問題も関与している事を知りました。

RAPTblog : 悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。

RAPTblog : 私の住む愛媛県の最高峰「石鎚山」は、JAL123便を撃墜して520人の命を奪った「国常立尊」そのものでした。

聖霊には身体を癒す力がある事も知り、ただ知識として知っただけでなく、体験を通してその事をハッキリと感じました。

原因不明の頭痛には霊障が関係しているケースも。(神様を愛する事で治る。)

上の記事を書き始める前も頭痛になっていたのですが、記事の下書きを書き始めた時に、それまでの頭痛が取れていき、温かいモノを体に感じ癒されている体験をしました。

 

又、つい先週も腹痛になり、なかなかその腹痛が取れずに困り、祈っていました。ふとRAPTさんが伝えて下さった御言葉で聖霊を受けるための御言葉が出ていることを思い出し、その御言葉を復習する事にしました。

RAPT有料記事80(2016年6月27日)聖霊の恵みと力を受けて生きる。

RAPT有料記事123(2016年11月26日)聖霊を受けた者、受けなかった者。

御言葉を集中して読み聞きしているうちに、自分の中に恵みが湧いてくるのを感じ、その後すぐにそれまでの腹痛もみるみるうちに取れていき、身体が癒されていくのを感じました。

 

現代において、霊の話をすると、トンデモ話のように思われまともに取り合ってもらえないという事があります。

(その原因にはシュタイナーの言う`ワクチン`が一つの原因になっているのかも知れません。)

シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

聖霊を受けられるように祈り、実際に体が癒されると言う体験が現実にある事から、とんでも話云々というより、見えない所で現実に起きている出来事でもあります。(勿論、私だけの体験ではありません。)

ただ医療利権のことを考えると、霊的な働きで身体の不調が取れるという事実が広まると、多くの薬が売れなくなるので、医療利権がらみの人たちが、それを隠したがるとういう事は、十分考えられます。

しかし医療を支配してきた人達(例えばアメリカではロックフェラーなど)が霊のことを全く知らないかというとそんな事はありません。

この世の中を支配してきた悪魔崇拝者(イルミナティ)が、霊の存在について十分認知していることもRAPT理論を通して暴かれています。

「霊界」という奥義について。悪魔崇拝者たちは「霊界」の存在をひたすら我々一般庶民に隠してきました。

霊の話=嘘と決めつける前に、こういった話がある事も知っていただき、医療など無駄なお金を取られる事なく、真実を知って、イルミナティの嘘から脱する事ができる人が、一人でも多く出てくれたら嬉しく思います。

その他、お勧め記事
https://rapt-plusalpha.com/life/post-17827/
https://rapt-plusalpha.com/life/post-23274/
https://rapt-plusalpha.com/life/post-23078/
https://rapt-plusalpha.com/life/post-22592/

By MKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です