京王線から始まった鉄道関連の事件(刺傷、放火など)は、ほぼ全てヤラセの可能性が高い。
京王線から始まった鉄道関連の事件(刺傷、放火など)は、ほぼ全てヤラセの可能性が高い。

京王線から始まった鉄道関連の事件(刺傷、放火など)は、ほぼ全てヤラセの可能性が高い。

2021年10月31日、悪魔崇拝者たちの記念日であるハロウィンの日に、京王線の電車内で刺傷事件が起き、ヤフーニューズなどネットニュースサイトもその記事で沢山の欄が埋められました。

ところがこの事件は、政府による不正選挙を目立たなくするためのスピン報道であり、予め計画された上で起こされた事件であった事が明らかになってきています。

【京王線車内で放火殺人未遂事件発生】 衆議院議員選挙の不正から目を逸らすためのスピンである可能性大

そして、この事件が起こされた目的は一つではなく、ユダヤ人達が目論んできた’監視社会’を確立する目的があり、電車内で凶悪事件が起きるから監視カメラをつけなければいけない、と世論を誘導するために起こされた事件であったと言う事も明らかにされています。

京王線放火殺人未遂事件は、監視社会を確立するための創価学会によるヤラセだった可能性大

京王線の事件の後、立て続けに電車内(駅構内も含む)での刺傷事件が起きています、11月6日東京メトロ東西線内で千枚通し男の刺傷未遂事件、11月8日に九州新幹線で放火未遂事件、11月15日福島駅で起きた刺傷事件。

それに続いて鉄道会社各社が事件を想定した訓練を始めています。

そして、AIを使ったカメラ監視が必要だと言う世論まで(準備されていたかのように)早々と出てきて、これもシナリオに沿って進めている事が垣間見えます。

相次ぐ電車内の無差別殺傷事件…AIでの「犯罪予測システム」を使って危険を回避

上級国民達(ユダヤ人)がスマートシテの建設を目論んでいる事が、コロナパンデミックが始まって間も無くRAPT理論を通して明らかにされました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

同時にコロナ茶番が創価学会を使って起こされている事も明かされました。そして、同じく上級国民の計画の遂行に創価が使われており、今回の京王事件も創価が絡んでいる事が明らかにされています。前載リンク参照。

京王線から続いたその後の事件も創価が絡んでおり、東京メトロ東西線、JR東日本など鉄道会社の中枢にはには今や多くの創価学会員が入り込んでいると見られます。

JR東日本と創価学会の関係。

車内警備にも創価企業が請け負っているパターンがあり、JR東海が車内の警備に委託している会社は全日警になります。

JR東海は在来線でも警備員巡回…相次ぐ列車内の刺傷事件受け各鉄道が対策 近鉄では“刃物男”想定し訓練

実はこの全日警ですが、集団ストーカーに加担している企業であると言われています。

集団ストーカーは創価学会の常套手段であり、警察がグルになってストーカーの実態を隠蔽してきましたがRAPTさんの活動を通してストーカーの実態が明るみに出てきています。

声優の杉田智和は、やはり創価学会の集団ストーカーに関与している可能性大!!

創価企業パナソニックが鉄道・バスに顔認証で乗車できるシステムの実証実験を開始 集団ストーカー行為をデジタル化し、さらなる監視社会化を目論む

上級国民による都合のいい監視社会ができてしまうと、常に顔認証で行動を監視され、ワクチンパスポートなどのを使った行動規制にも悪用される可能性があります。

上級国民・李家やその他のイルミナティが滅び、彼らの計画が全て頓挫することを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です