会社がワクチン接種を推進することで、従業員の健康も将来もおびやかされる。
会社がワクチン接種を推進することで、従業員の健康も将来もおびやかされる。

会社がワクチン接種を推進することで、従業員の健康も将来もおびやかされる。

会社によっては、コロナワクチン接種を積極的に勧めて、中には接種しなければいけないかのような同調圧力が職場内に生まれているところがあると聞きます。

しかし従業員にワクチン接種を勧めるのは危険です。

コロナワクチンの副反応は健康上に問題をもたらすものばかりで、

一つに血栓症がありますが、血栓が生じることによって様々な二次傷害が現れると考えられます。

場合によっては急な失神が起きる危険性があり、最悪の場合は急死の危険性もあります。

またワクチン接種をしてから、ブレインフォグと呼ばれる意識がはっきりしない症状が続くことも報告されています。

そして、従業員へのワクチン接種がすすんだ事で、従業員の職務能力が業務に支障が出るほどに低下してしまった事例が出ています。

記憶障害など重い症状に苦しめられている方もおり、コロナワクチンは接種した人の人生を破壊することになりかねないほど危険な毒物です。

ワクチンの危険性がわかれば、会社でワクチンを推進するという事が危険なこともすぐにわかると思います。

ただ、なかにはワクチンを推進することで補助金が出る制度もあり、お金でワクチン接種へ誘導する動きもあります。

https://chusho-wakuchin-kyufukin.nagoya

しかし、このような一時金と比べて、従業員の健康が奪われる方がはるかに損失が大きいはず。

最近では、ワクチンが危ないという情報もマスコミが少しづつ出すようになり、その危険性は広く知られるようになって来ているかも知れません。しかし政府などがワクチンパスポート導入へと舵を取り、企業によってはワクチン接種による雇用条件に差が生まれるような基準を導入し始めていることから、ワクチンを推進する動きは続いています。ただ、だからと言ってこれらに屈してワクチンを接種したり、人に勧める事があってはいけません。

コロナウィルスへの感染を懸念しているという方がいらっしゃれば、是非以下のリンク記事を読んでいただくことをお勧めします。きっとコロナウィルスなど存在しないという事がわかり、ワクチンを打たなければコロナに感染するかも知れないという不安から解放されることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です