このサイトについて

このサイトでは、主に鉄道に関することを書いています。

私は小さい頃、電車が好きでした。

電車に乗って出かける事が好きで、年に1度の夏休みの旅行は、毎年の楽しみにしでした。

また、親から買ってもらい親戚のおじさんから電車の本を譲ってもらってりすル事があり、それら電車の本を見る事もありました。

少し年が進んで、興味の幅が広がると、親におねだりをして電車の模型を親に買ってもらった事もありました。

中学生の頃は、電車以外の事にも関心がうつり、また学校生活でも友達付き合いや受験の事など色々と考える事が増え、徐々に電車への関心も薄れていったように思います。

高校生になると通勤ラッシュの電車に毎日乗るようになりました。

こうなると、ラッシュ時には乗る電車には興味を示さなくなります。

また私は高校生になってダンスを始めたので、興味の中心がそちらに移っていたという事もあるかもしれません。

その後しばらく電車から離れていたのですが、旅行の時など、電車に乗るのは相変わらず楽しく感じました。

私は電車に長時間乗っていても、あまり苦痛を感じません。

じっとしているのが辛い時や、息苦しさを感じた時、とりあえず電車に乗って出かける、という事を何度もした事があります。

自分の才能が伸ばせないというのは心苦しいものです。社会に出て働くと自分の限界にぶつかります。会社内で自分の技術や才能を伸ばそうとすると、会社との折り合いが付かず多分上手くいかないと思います。また、日々の仕事をこなすだけで疲れ果ててしまい、自分の才能を伸ばす事に気が回らなくなるのも現状だと思います。

電車について調べる事や、電車に乗って何か旅行記を書く事が、もしかしたら自分の個性と才能に合っているかもしれません。電車に乗るのは好きですし、技術的な知識にも関心があります。

幸い、日本は鉄道の品質、安全性ともに最も優れていて、環境も申し分ありません。

ただ、鉄道業界には難解な専門用語が多いです。なぜ難解な説明しかなされないのでしょうか。難解なままにしていては理解は広まりません。

鉄道趣味がオタク化してしまい、とっつきにくくなる原因に難解な専門用語があると考えられます。

複雑な専門用語ばかりが飛び交っていると、もはや一見さんは入る余地がありません。

そこでブログを書くに当たって、なるべく専門用語を使わず、専門用語を使う場合も、その内容を分かりやすく、かつ正しく噛み砕いて書いて行きたいと思います。

また鉄道の事も深く調べていくとタブーとなる闇の部分が出てきます。そういった闇の部分についても包み隠さず本当の情報を発信していけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いします。