自閉症の原因の一つに考えられる「ワクチン」
自閉症の原因の一つに考えられる「ワクチン」

自閉症の原因の一つに考えられる「ワクチン」

自閉症は脳機能障害の一つと言われています。

日本ではあまり知られていませんが、海外では自閉症の原因としてワクチンがある事が指摘されており、訴訟も起きています。

ワクチンと自閉症

ワクチンの中には水銀やアルミニウムなど、脳神経の変性、脳神経に障害をもたらす物質が含まれており、ワクチンの成分が脳神経に達することで、脳神経に何かしらの害を与える、と言うことが十分考えられます。

 

脳には脳関門という部位があり、脳に異物が入らないようにバリアをする役割を担っている、と言われています。

その脳関門を突破させて、脳に薬物を浸透させる研究がなされていることが、Yahoo!ニュースで記事になっていました。

脳へ薬剤を送りこめ〜「脳関門」をどう突破するか

脳に異物が入らないように備わっている本来の防御機能と逆行して、薬剤を脳に送り込むというのは、ある意味狂気の沙汰にさえ感じます。

薬害については、かねてより言われていたのに、薬害の懸念がなされずに、そのような研究が推進されるのは異様ではないかと。


 

ワクチンに含まれる成分に、ポリソルベート80という物質が挙げられることがあります。

このポリソルベート80は、脳関門を突破し脳に入る事がマウスの実験などでも示されたようです。

 

子宮頸がんワクチンの成分を調べてみると、

「ポリソルベート80という成分が気に罹ります。

アメリカでコロナワクチンとして緊急承認された

ジョンソン&ジョンソンのワクチンに含まれていましたね。

このソルベート80は、研究(論文)で、

脳のバリアである血液脳関門を突破して

脳に入ることが示されており、

まるでコロナのスパイクタンパク質のようなものです。

他にも、ロタウイルスワクチン、

つまり、赤ちゃんや乳幼児に接種する

ワクチンに含まれています。

以下は、CDC が分析した成分表。

ロタウイルスワクチンは2種類ありますが、

ロタテック(Rota Teq)の方に使われていました。

CDCが分析した

ロタウイルスワクチン「ロタテック」の成分表

CDC Vaccine Excipient Summary

このロタテックには

「ウシ胎児血清」が使われており、

CDCはまた、

「豚サーコウイルスのDNAを検出した」

と書いていますが、

安全性には問題はないそうです(はてなマーク)。

さて、ポリソルベート80なんですが、

このCDCの分析表を見ると、

ワクチンによく使われているものなんですね。

【ポリソルベート80が使われているワクチンの一部】

・三種混合ワクチン

B型肝炎ワクチン

・子宮頸がんワクチン

・いくつかの季節性インフルエンザワクチン

・肺炎球菌ワクチン

・帯状疱疹ワクチン

 出典 https://ameblo.jp/nayandara-mitemiyou/entry-12661028343.html

 

また、子どもにワクチンを接種させた後に、子どもの様子が変わってしまい、家族がワクチンによる障害を訴え情報共有している例があります。

百聞は一見にしかず-予防接種の前後で

自閉症の特徴の一つは、直接目を合わせることができなくなり、子供の周りの世界とのつながりが断絶することです。 自閉症の診断に先行する即時のワクチン反応は、高熱、慰めることができない子供による甲高い叫び声、および発作を含む。 時には、子供が徐々にアイコンタクトと言語を失う、より微妙なものです。

あなたのストーリーを共有するには、ここをクリックしてください。

あなたの体験談を募集しています

自閉症スペクトラムの子どもの親である私たちは、通常発達している子どもがワクチンに反応し、視線を失い、言葉を失い、最終的に自閉症の診断を受けたことを誰も知らないかのように感じることがよくあります。 私たちはしばしばメディアや医療関係者、教育システムから疑われ、見下され、疎外されます。 私たちは真実を知っています。私たちは目の前で子どもたちが消えていくのを見たのです。

私たちは、ワクチン被害を隠蔽し、私たちを黙らせようとする大規模なキャンペーンと戦っているのです。

この1年、メディアは国民を脅してワクチン推進に狂奔させようとした。 予防接種を強制するための100以上の法案が州や連邦議会に提出され、恐怖を煽り、誤った情報を流す大規模なプロパガンダキャンペーンがメディアに溢れかえっています。

自分の子どもがどのように傷ついたかという情報を公にした親は、悪意ある攻撃や質問を受け、名指しで憎しみを込めたプロパガンダ戦術によって、「反ワクチン派」というレッテルを貼られ、信用を失墜させ疎外されようとしています。 ワクチンが害をもたらすという証拠を発見した尊敬すべき研究者は、信用を失い、疎外され、”ヤブ医者 “のレッテルを貼られます。

しばしば、最も悪質な公然の攻撃者は、代替医療を攻撃するウェブサイトを持ち、薬の特許に名前を連ね、その治療法がFDAに承認されれば、何百万ドルも稼ぐ立場にある医師や科学者たちです。 また、大手製薬会社は、インターネットを監視し、ワクチン被害について議論する会話を妨害する政治委員会に資金を提供しています。

強制的なワクチン接種は、生命、自由、幸福の追求に対する私たちの権利を侵害する。

ワクチンで死にそうになった子供に、強制的にワクチンを接種すると死ぬかもしれない。 ワクチン接種後に自閉症になった子どもへのワクチン接種を強制すると、より重度の自閉症になる可能性がある。 自閉症児の神経質な兄弟にワクチン接種を強制すると、自閉症になるリスクが著しく高くなる。

現在、米国では6人に1人が学習障害と診断され、50人に1人が自閉症と診断されている。強制的なワクチン接種は、私たちが自分の体や子どもたちの体をコントロールすることができない、企業・医療界の独裁体制を敷くことになるのです。 この学習障害の急増は、1980年代以降の新しいワクチンの導入と相関している。

この1ヶ月の間に、製薬会社グラクソ・クライン・スミスと直接的な金銭的関係を持つフロリダ州議員フレデリカ・ウィルソンが、ワクチン接種を全米で義務化する法案を議会に提出しました。 また、この1ヶ月の間に、フロリダで8人のホリスティック療法士が殺害されたり、不審な状況で死亡したり、謎の失踪を遂げたりしている。 いずれもFDAの手入れを受けた直後に殺害されたり、行方不明になったりしている。 最も注目すべきは、自閉症のコミュニティでよく知られているジェフ・ブラッドストリート博士で、自宅から100マイル離れた川で胸を撃たれているのが発見されました。 これは偶然の一致ではないと思う。

もし強制的なワクチン接種の法案が承認されれば、納税者の費用と家族の健康を犠牲にして利益を劇的に増やす計画を持つ営利目的の医療独裁体制が確立されることになる。

大手製薬会社は現在、さらに70種類のワクチンを準備中で、予防接種スケジュールに導入する準備が整っています。 その根拠は人道的なものではなく、利益を追求するものである。 10年以内に、予防接種の「市場」を250億ドルから1000億ドルへと4倍に拡大する計画だ。 現在、米国では2歳までに115種類の抗原を注射している。未熟な免疫系は、歪み、損傷、障害なしに免疫学的攻撃を処理できないことを示す多くの研究があり、自閉症と関連する脳の炎症などの自己免疫疾患につながる。

腐敗した議員、政府機関、製薬会社は怯えている。

製薬会社や政府機関の良心ある幹部や科学者が、利害の衝突、癒着、ワクチンの安全性を示すデータの隠蔽について、表に出てきて、こぼし始めている。

CDCはワクチンの安全性を示す研究データを破棄した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 ※原文はこちら

 

コロナワクチンによって、ワクチンの毒性が広く知れ渡るようになりました。

ワクチンを打たない人より、ワクチンを打った人に体調不良者が続出するという事が起き、コロナワクチン接種が始まってから救急車の数が激増するという事態になっています。

ワクチンは大きな利権となっており、国がワクチン接種を進めることで製薬会社は多額の売り上げが上がりました。

ワクチンを宣伝する医師の多くは、製薬会社から多額の謝礼を受け取っておりワクチン推進はお金によってなされてきたことがわかります。

金融を牛耳り、お金を集めてきたのがイルミナティ(ユダヤ人)ですが、彼らはワクチンの接種をも推奨しています。

 

そしてなぜ彼らがワクチンをここまで人々に打たせるのか?その深い理由についてRAPT理論を通して解明されています。イルミナティに騙されてワクチンを接種してしまうことがないように是非知って頂きたいと思います。

 シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

 【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

 

○医療利権に騙されないためコチラも是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です