鉄道全般,  鉄道社会,  鉄道社会問題

鉄道に投資してきたユダヤ人。ロスチャイルド家と李家。

鉄道建設には莫大な費用がかかると言われています。

土地の確保から、線路の工事。トンネル工事、橋の建設、そして車両の製造、列車運転のための営業人員確保、整備や点検など、トータルすると、かなり資金が必要な事業だと言えます。

鉄道は長距離&大量輸送に適しており、それまでの馬車の運搬に比べて、人も物もより大量により遠くまで運べるようになり、もたらされる経済効果は明らかでした。また軍事目的にも利用され鉄道で大量の兵士を現場に送り制圧に役立った実績などがあります。

鉄道が誕生した当初、鉄道に対して懐疑的な資産家もいたようですが、鉄道の有用性に目をつけた資産家もいました。その資産家の中には、金融業で有名なユダヤ人の一族ロスチャイルド家もいました。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの五男・ジェームズ(ヤコブ)は、パリで活動し、そこでも様々な融資を行い、産業の中枢を担っていた鉄道にも目をつけました。ジェームズ・ロスチャイルドはフランス北部鉄道の建設にも着手し、開業後もフランス北部鉄道を保有していました。

後に、ジェームズ・ロスチャイルドは「鉄道王」の異名をも持っていたようです。

ーーこちらより転載ーー

ジェームスは新国王ルイ・フィリップとも親密な関係を保った。そのためルイ・フィリップ王はロチルド銀行にフランス国債を独占的に任せ、また国王個人の投資事業も委ねた[10]。ジェームスはルイ・フィリップの治世から鉄道への投資を熱心に行うようになり、1837年にはパリ=サンジェルマン間、1839年にはパリ=ベルサイユ間の鉄道建設に尽力した。1846年には北部鉄道を設立している[11]。この頃からジェームスは鉄道王と呼ばれるようになった。

ーーこちらより転載ーー

ロスチャイルド1世の5人の息子はそれぞれの国の政府と癒着して貴族の称号を得て、政治的にも活躍し、今日のロスチャイルド財閥の基礎を作った。 ウィーン支店の次男サロモン・マイアー・ロートシルトとパリ支店の五男ヤコブ・マイアー・ロートシルトは協力して、ヨーロッパ全体をカバーする通信と馬車輸送のネットワークを作り上げた。 そして、そこから誰よりも早く得られる情報を利用して、ロンドン支店の三男ネイサン・マイアー・ロートシルトが金や通貨の投機をして大儲けするという、兄弟ならではの連携プレーをし、今日のグローバル金融ビジネスの原型を作り上げた。 

ロンドン支店のロスチャイルド2世はあくまでも金融業で発展を遂げた。 それに対して、パリ支店のロスチャイルド3世は金融業だけでなく、新しい交通手段として登場した鉄道の将来性に着目して鉄道事業に進出し、「ヨーロッパの鉄道王」 となった。 また、ロスチャイルド3世は南アフリカのダイヤモンド鉱山や金鉱山に投資し、更にロシアのバクー油田の利権を握って 「ロイヤル・ダッチ・シェル」 をメジャーに育て上げ、情報産業・交通産業・エネルギー産業・貴金属産業で自己の権力を拡大していった。 

また、ロスチャイルド家は製鉄所への投資も行なっており、鉄道を建設するための材料(レールなど)を供給する会社まで抑えていたと考えられます。

鉄道を敷くことでも、利益が上がるように手はずを組んでいた事が伺えます。

ジェームズ・ロスチャイルドが保有するフランス北部鉄道は、フランス北部に鉄道網を敷いていき、隣国のベルギーにも子会社を作り、そこでも路線を開通させていました。

ーーこちらより転載ーー

1846年にパリからドゥエとリールまでが繋がった。路線網は周辺地域(ピカルディフランドル、北東地域、リール~ベテューヌ、リール~ヴァランシエンヌ等)に存在した他社を吸収合併する事により、ヴァランシエンヌ、ガンアミアンブローニュ方面へと素早く広まった。北部の鉄道網は、瞬く間に、フランスにおいて最も高頻度で活気ある路線の一つとなり、北部鉄道は最も優れた設備一式に関するエンジニアリング会社として認められるようになった。東部鉄道(Compagnie de l’Est)と同じように、ベルギーには北部会社ベルギー(Compagnie du Nord Belge)という名前の子会社が設立された。この会社は特にリエージュナミュール間(現在のベルギー国鉄125号線)やナミュール~ディナンジヴェ間(現在の154号線)と言った路線を開通させた。

モータリゼーションが進んだ20世紀後半に、鉄道は淘汰され、いわゆる鉄道ブームは終わりを迎えます。

そしてロスチャイルドが保有していたフランス北部鉄道は、国有化され、ロスチャイルドは鉄道の儲けを手放す事になったのですが、ここでかなりズルイ手が使われています。

ーーこちらより転載ーー

この鉄道が国有化され、フランス国鉄(SNCF)の母体となったのも、ロスチャイルド家の巧妙な戦略のひとつで

北部鉄道会社img007

あった。北部鉄道を失って、ロスチャイルド家は巨大な財産を奪われたと言われた。表向きはその通りである。ところが実際には、経営の苦しい部門を国民の税金でまかなわせ、濡れ手であわの部門を手許に残したのである。社名からは鉄道が消え、ただの「北部会社」と変わった。ところが実は、その重役室でロスチャイルド家の代理人をつとめるミシェル・ボシューがまぎれもなく「フランス国鉄」の最高幹部について、税金を自由に動かしてきたのである。「フランス国鉄」の実力者フェロンはロスチャイルド兄弟商会の重役であった。

ーーーー

鉄道の赤字部分は、国民が税金で負担するが、経営権だけは自分たちが握っておけるシステムを作りました。随分とムシのいい話です。

ただ、こんなズルを続ける事が許される事はなく、ロスチャイルドは土地を次々と手放さざるおえなくなっているようです。

ロスチャイルド家、200年の栄華に幕-オーストリア最後の土地手放す

ロスチャイルドというと西洋の人達で、日本にはあまり関係が無いと思われる方もいるかもしれません。

しかしそんな事は無く、ロスチャイルド家は日本とも関係大アリな一族した。

その繋がりの一例を挙げると、日本の歴史の中で有名な明治維新がありますが、この明治維新は、ロスチャイルドの支援によって起こされたものでした。

日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。

「平家」とはロスチャイルド家だった。または明治維新にロスチャイルドが関わった最大の理由。

江戸時代末期に、日本からイギリスへ密かに留学した五人組・長州ファイブ(井上馨、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤博文、井上勝)と呼ばれる人たちがいました。

彼らの留学のロスチャイルドがバックについています。

彼らが留学のため乗った船は、ジャーディンマセソン商会という会社の持ち物で、このジャーディンマセソンはロスチャイルド系の会社でした。

明治維新の長州閥はジャーディンマセソン仲介にロスチャイルド財閥と確実に連携!

日本で最初に鉄道建設を求めた人物の一人に伊藤博文がおり、彼も長州ファイブの一人で長州藩出身です。

日本の鉄道は伊藤博文と大隈重信が造った。

伊藤博文ら長州藩が、何故こうもイギリスとコネクションを持てたのか、考えてみると不思議ですが、彼が単に行動力と交渉能力があったからとか、そういう理由ではなさそうです。

ロスチャイルドはユダヤ人でありましたが、ユダヤ人は、同いユダヤ人同士でコミュニティを作り(ユダヤ人ゲットーとも呼ばれますね)、そこでお互いに情報交換なども行なっています。

ユダヤ人同士の結束力が強く、同胞意識が強いと言われる事もあります。

そんなユダヤ人のロスチャイルドとコネを持てた長州藩ですが、なぜ、長州藩がユダヤ人と協力関係を持てたのでしょうか。

その答えは、長州藩の中心が、ユダヤ人であったからでした。

明治維新は李家(ユダヤ人)による日本乗っ取りクーデターだった。

長州藩の中心人物たちは、ユダヤ人の一族・李家であり、名前や顔立ちは日本人なので一見するとユダヤ人と言われてもピンときません。今までユダヤ人は西洋に多くいると聞かされる事が多く、ユダヤ人と聞くと西洋系の顔というイメージがついてしまっているからです。

しかしながら李家の持っている思想やコネクションはユダヤ人そのもので、そのコネや財力を使って明治維新を起こした、と考えると筋が通ります。

長州藩が李家であり、孝明天皇を暗殺し、代わりに担ぎ出された明治天皇も李家でありユダヤ人であって、その取り巻きの伊藤博文も李家でありユダヤ人であった。

日本の鉄道建設に伊藤博文が関わり、天皇家は参宮鉄道(現・JR紀勢本線)などの鉄道会社の株式を保有していたことから、日本の鉄道建設にもユダヤ人(ロスチャイルド家と李家)が大きく関与していることが分かります。

因みに、日本で初めて開業した鉄道は、新橋−横浜間で、この鉄道の建築技師長・エドモンド・モレルでした。

エドモンド・モレルの顔を見ると、生粋のヨーロッパ人というより、どこか東洋系が入っているような顔立ちです。

エドモンド・モレル 画像はこちらより

これを見て、私はエドモンド・モレルもユダヤ人であり、そのコネで技師長になったでは無いかと思います。

モレルという名前はヨーロッパの男性名ですが、サロモン・モレルというユダヤ人がいます(リンク)。ユダヤ人は現地の男性名を名乗る事が多いのですが、好んで選ぶ傾向があったりします。

エドモンドという名もヨーロッパの男性名ですが、ユダヤ人では、エドモンド・ド・ロスチャイルドがその名を名乗っています。

ロスチャイルドが日本の鉄道のために資金援助をしていた事実がり、6代目ロスチャイルドのシャーロット・ロスチャイルドも、このことについて語っています。

ーーこちらより転載ーー

「1923年の関東大震災の後、新橋―横浜間を走る電車の復旧にもロスチャイルドが援助したこと、ご存じでしたか?」。シャーロットが愛嬌たっぷりに私たちに聞いてきた。確かに、その東海道の鉄道しかり、日露戦争の戦費調達しかり、さまざまな場面で日本はロスチャイルド家から支援を受けてきた。 

ーーーー

私は鉄道が、公共事業だと思っていました。

歴史をみてると鉄道もユダヤ人が支配を固めるために利用されてきた形跡があり、ユダヤ人が今でも経営権を握っています。

ロスチャイルドは死の商人とも呼ばれ、鉄道建設で兵隊を送る際にも鉄道が必要だと言って建設を進めて来たでしょうし。日本ではユダヤ人の李家が戦時下で鉄道を国有化し、鉄道の経営権を握って来ました。

鉄道はインフラなので、鉄道の経営権を握ることで、庶民が生活するだけで、庶民からお金を巻き上げるシステムを作ることが出来てしまいます。

しかしそんな悪事を働いてきた彼らの事業にも限界がきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です