YouTuber・スーツ、忽那賢示とコラボし、コロナウィルスが蔓延しているかのように視聴者を洗脳。
YouTuber・スーツ、忽那賢示とコラボし、コロナウィルスが蔓延しているかのように視聴者を洗脳。

YouTuber・スーツ、忽那賢示とコラボし、コロナウィルスが蔓延しているかのように視聴者を洗脳。

鉄道系Youtuberのスーツ氏が、内閣官房からの依頼で、忽那賢示医師とのコラボ動画をアップしていました。

動画内ではコロナ感染対策の仕方を実演し、あたかもコロナが蔓延しているかのような設定で、コロナ茶番を助長するようなものとなっています。

 

しかし、コロナパンデミックというものは政府やマスコミが作り上げている捏造パンデミックであり、実際にコロナウィルスは存在していない事を示す、証拠や証言が多数上がってきています。

 「コロナで死亡した人は一人もいない」ハワイの医療従事者が、病院内でのコロナ患者捏造・コロナ死偽装の実態を内部告発!!

 【東京新聞】「若者がコロナに感染すると後遺症も恐ろしい」と庶民を洗脳するために起用したクライシスアクター「野間美帆」が、インスタに元気そうな姿をアップしてしまう

 

スーツ氏は忽那氏との対話内でブースター接種によって感染が防げる事について触れていますが、ワクチンの危険性については全く触れず、ワクチンを打った方がいいと思わせるような内容を、さりげない形で入れています。

 

コロナワクチンはとても危険なもので、コロナワクチンの接種が始まってから日本においても死者数がかなり増えています。

 又、ファイザー関係者からも、その危険性について告発されており、コロナワクチンを接種してはいけない事が強く主張されています。

 ファイザー元副社長のマイケル・イードン博士が警告「3回目のコロナワクチン接種に近づいてはいけない」

 

スーツ氏と忽那氏の動画からは、’コロナ感染対策はそこまで難しくないから実践しよう’といった意見が見て取れます。しかし、コロナウィルス自体が存在していないため、マスク着用や黙食などの、コロナ感染対策自体が全て必要無いものになります。

忽那医師もそのことをご存知です。

また、オミクロン株は風邪と症状が変わりません。

風邪を引いただけで、PCR検査などを受けたら、コロナ感染者にしたてあげられる可能性があります。

 

スーツ氏は上級国民の李家であるため、最終的には、李家の利益になるような方向へ話を持っていっています。

スーツ氏は、ガス抜き要員としての働きをしているためか、政府に対する国民の不満などに耳を傾けるようなスタンスを取ります。

しかし、李家が国民を騙したつづけられるように、核心部分については触れないようしているため、コロナが嘘、ワクチンが毒、という部分に触れることはありません。

 

・李家について詳しくは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です