ワクチン接種を迷うなら受けない方が良い理由。
ワクチン接種を迷うなら受けない方が良い理由。

ワクチン接種を迷うなら受けない方が良い理由。

ワクチン接種を迷っている人が多く、特に若者に多いというニュースを見ることがあります。

恐らく、多くの若い世代の人達は、ワクチンの副反応が怖い、という思いを抱いている場合が多いんじゃないかと思います。

データを見ると、若い世代はコロナに感染したとしても、重症化する可能性が低く、もちろん死亡する可能性も低いことから、わざわざ危険なワクチンを打ちたくないと思う人が多いのは、当然考えられます。

また、ワクチン接種は将来的に起きるリスクも懸念され、中長期的な人体への影響も明らかになっていない事から、数日で熱が下がれば大丈夫という事もなく、やはりワクチン接種には人生に関わるリスクが付き纏う事が懸念されます。

そして、製薬会社の関係者の告発もあり、ファイザーR&D(研究開発)の元副社長マイケル・イードン氏は、ワクチン接種者の寿命は長くて3年と、かなり衝撃的な内容の告発をしています。

また、ワクチンの危険性に警鐘を鳴らしている専門家は他にもおり、免疫学の教授ドロレス・カヒル氏も、mRNAワクチンを打つことで寿命が縮まることを述べています。

更に、ワクチンは動物実験で全ての動物が重症の病気になり死んでしまったとの告発もあることから、あらゆる点で危険である事が伺えるはずです。

ワクチン接種後の死者数は、厚労省が発表しているだけでも5月から7月の2ヶ月間で85人から751人に増えています。重篤な副反応を入れるとその数はもっと多くなります。

このようなワクチンによる副作用のリスクと、若者にあまりリスクのないコロナ感染を比べると、若者はワクチンを打つ危険性は無く、むしろ打たない方が良いのではないか、と考えるのはある意味当然と言えます。

こうやってワクチンの危険性を並べると、「不安を煽っている」と言う輩が現れるかもしれません。

ただ、ワクチンの危険性が事実なら、それを伝えない方がよほど悪いのではないでしょうか。

そして、ワクチンを打たなかったらワクチンによる被害を免れる事ができます。またワクチンを打たない事によって、別に何か健康を崩す訳ではありません。

なぜなら、コロナウィルスと言うものは存在しておらず、ただのでっち上げウィルスであるからです。

マスコミがコロナウィルス感染者増加のニュースを煽ってきましたが、コロナに感染するのは芸能人ばかりで、私達庶民の身近なところではコロナウィルスに感染して重症化した人がいなかった、というのが現実です。

現にコロナウィルスが存在しない事を示す証拠も上がっており、47都道府県のどこもコロナウィルスの存在証明を提示する事が出来ませんでした。

またコロナパンデミックは以前から計画されていた事がリークされています。

コロナウィルスが存在しないということが分かれば、「ワクチンを打たなければコロナに罹るかもしれない」という不安が無くなります。

コロナに感染するかもしれないから、副作用があったとしても、打つか打たないか迷うという人が多いと思いますが、コロナが存在しない事が分かると全く打つ必要性が無くなってきます。

タイトルで書かせて頂いた、ワクチン接種を迷うなら受けない方が良い理由は、ワクチンは死の危険のある毒であり、コロナウィルスは存在しないから、になります。

むしろ迷う迷わない云々ではなく、ワクチン接種は受けない方が良いと言えます。

職場や学校によっては同調圧力もあり、周りがワクチンを打たせようと働きかけるケースもあるかもしれません。

しかし、一時の職場の関係や学校での付き合いを維持するために、死の危険があるワクチンを軽々しく打つのは本当に賢い選択でしょうか。

むしろ命を奪うワクチンを軽々しく進めてくるような友人や知人との関係は維持する必要は無いのでは、と私は思います。

勿論、友人知人がワクチンの危険性についてあまり知らないゆえに勧めてしまっているケースもあるとは思いますが。

ただ、そういった人に対してワクチンは危険だから自分は打たない旨を伝えれば良いと思います。それでもワクチンを打った方がいいと一点張りを通してくる友人知人がいるなら、そのような人との関係は本当に維持する必要がなく、むしろ切れてしまった方が良いと思います。

仕事上で打てと言われる場合は、また話が変わってきて、職を失うかどうかという問題にもなってきますが。

再び新たな仕事を探すのと、ワクチンを打って生涯的に死の危険を纏うの、どちらが良いかと考えたら結構答えは明白なのではないでしょうか。

特に若い世代においては新たな仕事を探すのはそこまで難しいことではないですし、場合によっては新たな仕事にチャレンジする機会にもなり希望もあるかと思います。

ワクチンの危険性に一人でも多くの人が気づき、接種を望まない人が同調圧力に負けることなくワクチン接種を断れる事を願います。

ワクチンにまつわる様々な問題について、RAPTさんがInstagramの対談でお話ししてくださっています。

ワクチンの危険性についての情報を並べてもイマイチその危険性について実感が湧かないという人もいるかもしれません。

しかしRAPT理論を理解していく事で、ワクチン接種はイルミナティによる人口削減の一環で行われている事などが分かり、ワクチンは絶対に打ってはいけないと言う事に確信が持てます。

そのため今回の記事がRAPT理論を知るきっかけとなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です