世の中では、性的な快楽を求めることが、当たり前かのように聞かされることがあります。

インターネットを見ていると、いかがわしい広告が出てきますし、ドラマや映画を見ると恋愛が人生に必須かのように謳われることがあります。また日本のポップソングは、恋愛ソングが多く、無自覚にそう言ったものを見聞きしていると、それらの影響も受ける可能性が非常に高いです。

恋愛に関しては、一昔前では、しない方がおかしいとさえされる風潮があり、恋愛をしない人、恋愛をうまく出来ない人は馬鹿にされる傾向があり、彼氏彼女がいないと恥ずかしいと言った思いを抱かされ、世の中の風潮に押されて恋愛をしていた方も多くいたかと思います。

また、ポルノなどもありますが、こういったものに溺れることは精神衛生上よくないと言われますし、ポルノに溺れたところで発展性はないということを感じてはいました。

私自身、特にモテてはおらず恋人を作るなどをしていませんでしたが、モテないよりモテた方が良いと思っており、またポルノ関連などに溺れていいたこともあります。

異性にモテようとしていると、一時的にチヤホヤされるような事はあっても、重荷を感じることがありますし、様々なところに軋轢が生じます。

ただ単にモテればいいという事への疑問も感じており、異性にモテたとしても、もし結婚する事になれば、そういった軟派な習慣を抱えている事があだとなり、不倫をしやすくなるのではないかと考えていることもありました。

異性を求めても、何処か心が虚しい、心苦しくなる、というのを感じていたことがありますが、心に虚しさを感じるのは間違っておらず、実は気ままに異性に傾くことが人生を悪くする事を、RAPTさんはその原因から原理まで伝えてくださり、今までの疑問についての答えを知ることが出来ました。

世の中では動物の例になぞらえて、人間が異性に対して常に情欲を抱いていることが健全かのように教えられることもあります。

しかし、性欲というのは子孫を残すためのものでそれ以上でも以下でもなく、性欲が暴走している生き方は人間にとって正常ではなく、むしろ本来人間は、もっと崇高に生きられるように出来ていることがわかります。

異性の情欲に溺れて、それらに従って生きることは罪とされ、それによって様々な裁きを受けて、さまざま悪いことが起こるようになります。

たとえ誰かを好きになることがあっても、好きになる人とうまくいくことはありませんでしたし、いわゆる男女の恋愛関係は、自分が良くされたい、自分の欲望のためといった方向に陥っていき、純粋な気持ちで入れられなくなり、重荷を感じるという思いも持っていましたが、こう言った複雑に見える問題について疑問を持つことは、あまり周りにも相談できるものではありません。

恋愛についておかしいと思いながら、心では人の愛を求めているという自分がいましたが、そう言った疑問についてもRAPTブログに出会って、RAPTさんのお話を聞いていくうちに、氷解していきました。

https://rapt-neo.com/?p=45977

情欲によって人生が傾いていくことがわかり、そう言ったことを離れて神様のために生きようとすることで、情欲のために消耗していた時間をもっと有意義に使うことができます。

私自身、性的なものに溺れていた頃より、それらを悔い改めて、やめていった方が明らかに健康で、風邪を引くことも減り、風邪を引いても引きずることが殆どなくなりました。また、疲れも取れやすくなり、以前よりもさまざまな事にチャレンジすることが出来、できることも増えていると感じます。

https://rapt-neo.com/?p=40865

実際に、情欲を抱えて生きるより、それらを捨てて御言葉に従って生きる努力をする方が、心身共に健康的に過ごせていることは事実です。

時に、サタンの誘惑や自分の弱さから、心が揺さぶられることもありますが、御言葉に従うことでそれらも完全に克服できるようになると道筋は示されています。

情欲に従って生きた方が良いという洗脳から抜け出して、イルミナティの敷いた嘘情報から逃れ、御言葉に辿り着き、異性的な情欲から抜け出せる人が増えます事を祈ります。

 

こちらもおすすめ

By MKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です