コロナ禍のいま、鉄道の駅構内にいると、マスク着用を呼びかけるアナウンスが流れているの聞きます。

また、車内でも同じようにアナウンスがかけられているのを聞きます。

国土交通省は、鉄道事業者を通じて利用客に、コロナ感染対策の実施を呼びかけています。

鉄道利用者の皆様へ(新型コロナウイルス感染症対策の利用者向け情報)

しかし、マスクの着用について問題があり、国土交通省は、マスクが感染を防ぐという証拠を持っていない事が発覚しています。


【国土交通省】「マスクをしてコロナ感染を防げる」という証拠を一切所有していないことが発覚

マスクを着用しつづけて過ごす事で、当然息苦しくもなりますし、マスクをずっと付けているのは衛生的にも良くありません。

あれだけ放送を流す事で、同調圧力を産んでいるのも間違いありません。

ただ、マスクで息苦しい時など、無理してマスクをし続けるのではなく、適宜マスクを外し、ちゃんと呼吸ができるように自ら対策をしていくことが出来るよう促すする呼びかけがなされていません。

健康にためにそのような対策も必要でしょう。

マスクを外したからコロナに感染するかもしれないという心配が残っているかもいるかもしれませんせんが、その心配も必要もありません。


【ウイルスは嘘】国立感染症研究所は、インフルエンザウイルスやコロナウイルスの存在を証明する行政文書を保有していないことが判明


【外せばいいだけ】「マスク呼吸」で息苦しさを訴える人が急増 酸欠状態になり、口内環境も悪化、感染症リスクも高まる

また、マスクを外した時、マスク警察のような人に何か言われた場合の対処として、厚労省が証拠を持っていない事など、マスクに予防効果の根拠がない証拠を控えておいてもいいかもしれません。

存在しないウイルスや病気などを使って人々を脅すという手口は、他コロナウイルス以外にもあり、その事がRAPT理論によって暴かれています。これ以上脅しにのせられないためにも、そちらを学んでいただく事をお勧めします。


【YouTube】ガン利権に騙されるな!癌という病気は存在しない

By MKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です