コロナ禍でステイホームを推進するようになり、その頃から鉄道の工場見学動画がとても増え、Youtubeでもよく見かけるようになりました。

こちらは一例、Youtubeで検索すると他にも沢山出てきます。

一方、石油の工場いわゆる製油所にジャンルが変わりますと、その中身を見学する動画というのは殆どありません。

あることにはあるのですが、引いた場所から撮った画や、CGなどが使われるもので、基本的にイメージ映像のようなモノばかり出てきます。

恐らく視聴者が気になっているであろう場面は、実際に原油が運び込まれて、原油からガソリンや軽油、ガスなどに生成されていく工程ではないでしょうか。その工程が、わかりやすく収録されたものは、なぜかありません。

そうなってしまっている原因は、それらを撮ることが出来ないからと考えられます。

ガソリンは海水(水)から作られている可能性が高い事がわかっています。

そうなると、実際に、原油からガソリンを生成しているラインが工場内に無く、その画を撮ることが出来ないと考えられます。

 

詳しく内部を撮影できないとなると、製油所の内部は、私たちが学校やパンフレットで教えられてきたものとは違う作りになっている可能性が非常に高いと言えます。

そうなると原油価格の高騰と電力価格の高騰も習ってきたような仕組みで起きていないことになります。むしろ価格操作が意図的に行われており、値段設定をする際も詐欺がなされている可能性が出てきます。

石油利権を握ってきた一族にロックフェラーなどが有名ですが、彼らはユダヤ人の集まり「イルミナティ13血流」の一つに含まれていると言われています。

原油の価格高騰が取り沙汰されるニュースが、巷では見かけられますが、こう言った価格高騰も嘘である可能性があり、仕方なく価格が上がっていると諦めて考えてしまいがちになるかもしれません。

しかし、石油系の燃料も海水などから人工的に生成できるならば、原油高騰も全く仕方ないことではなく、意図的な操作だと考えれます。

イルミナティはエネルギーの分野でも詐欺を働いてきました。そのことがRAPT理論によって詳しく解明されています。

未だイルミナティの詐欺によって多くの人が騙されています。これらの詐欺がなくなるためにも真実の情報を知ることが大切です、。

そしてこのようなことが続かないためにも、イルミナティがいなくなり、真実が広まるように祈ることが大切です。

By MKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です