ビールがコロナ陽性。やはりアルコール消毒も無意味では?[コロナ茶番]
ビールがコロナ陽性。やはりアルコール消毒も無意味では?[コロナ茶番]

ビールがコロナ陽性。やはりアルコール消毒も無意味では?[コロナ茶番]

コロナビールにコロナ検査を行った結果
⇨陽性の結果が出る。

という出来事がありました。

 【コロナは茶番】「コロナビールを検査すると“コロナ陽性”になる」と海外の女性による実験で証明される

 

コロナが茶番劇だという事をご存知の方は良いのですが、騙されてアルコール消毒を過剰にやっている方もいます。

しかし、アルコールの入ったビールでコロナが陽性になるなら、アルコールではコロナを消すことは出来ない、という事が考えられるのではないでしょうか?

どうにかこういった出来後を機に、コロナの洗脳が解かれる人が増えれば… 少なくともそのきっかけになればと思います。

 

コロナは何にでも感染するようで、パパイヤ、ウズラ、ヤギなどにPCR検査をした結果、陽性になったということをタンザニアの大統領が公表していました。

このようなお話を聞いて、コロナに関する話はおかしいと感じる方も多くいるのではないでしょうか。

 

そもそも’PCR検査自体がコロナを判定する検査では無い’、ということがPCR検査キットの説明書に記載されているようです。

また、PCR検査の産みの親であるキャリー・マリス氏も、PCR検査を感染症の判定に使ってはいけない、と警告していました。

 

PCR検査がインチキであり、後に出てきたコロナ検出検査もインチキであると言えます。

コロナウィルスというものは存在しておらず、コロナウィルスの存在を確認することが出来ていません。公的機関も実はそのことを知っています。

 47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

コロナパンデミックを行ったイルミナティは、嘘を毎日のように私たち一般庶民に聞かせてきました。

嘘でも何百回、何千回と聞かされていると、もしかしたらコロナがあるのかもしれないというふうに思ってしまいます。

そういった嘘に騙されてないためにも真実の情報を豊かに知ることが大切です。

コロナパンデミックの真相について詳しくは↓

 【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です