新型コロナワクチン接種券が到着しましたが、私は打ちに行きません。
新型コロナワクチン接種券が到着しましたが、私は打ちに行きません。

新型コロナワクチン接種券が到着しましたが、私は打ちに行きません。

新型コロナワクチンの接種券が到着しました。

私自身は、コロナワクチンの危険性、ワクチンの必要の無さについて確信があるので、勿論、接種には行きません。

中には、接種券が実際に届いて、「ワクチン接種行こうか心が揺れている、でもワクチンの危険性もあるので葛藤している」という方も出てくるのでは無いかと思います。

今回の記事が、そういった方がワクチン接種をキッパリと断れる手助けになれば幸いです。

ワクチンを打って、重篤な副反応が出たり、最悪の場合死亡してしまい、取り返しのつかないことになっては、後悔してもしきれません。

ワクチンの危険性について、色んな方が情報拡散をしています。

そのため、ネットで検索すれば、危険性に関する情報をいくつも見つけることが出来ます。

Googleなどが言論弾圧をしているため、ワクチンの危険性に関する情報が出てきにくいというのはありますが、検索エンジンを変えたり、キーワードを変えたりして、粘り強く探せば必ず見つかるはずです。

そして、納得の行くまでとことん調べてみることをお勧め致します。

今回私の記事内でもいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

ファイザーの元副社長マイケル・イードン氏は、ワクチン接種者の寿命が3年になる、とその危険性を告発しています。

そのため、ワクチンの危険性は中長期的に見ても危険性が高いので、打ってすぐ大丈夫だったからと言って安心できるものではありません。

しかもワクチンを打たせる回数が増えており、2回だったのが、3回になるという話も出ており、変異株の話を持ち出して、毎年打たせるような勢いさえあります。

1回目より2回目の方が副反応が激しいと言われるように、回数を重ねるだけ危険性が増す事は、容易に想像できると思います。

ワクチンには毒が入っており、接種を重ねるたびに、身体が拒絶反応を起こすと考えられます。

また、ワクチンの異なる副反応の症状を見ると、ワクチンに含まれる成分はどれも均一ではなく、異なったモノが入れられているのではないかと指摘するお医者さんもいます。

ワクチンを打った人が5G電波によって、死ぬという、ちょっと不気味な話が出ています。

どうも、それに関連する話として、ワクチンに含まれる酸化グラフェンナノ粒子が、その原因になるのではないかとスペインでは指摘されています。

5Gの周波数帯の電波によって酸化グラフェンが反応し、それでどれくらいの症状が出るかは分かりませんが、酸化グラフェンを体内に注入する事は危険でしかないですし、それらを含んだワクチンも毒である事には変わりはないので、いずれにしてもワクチンを接種しない事が重要です。

・コロナウィルスが存在しないので、ワクチン接種は一切不要。

ワクチンを打つ動機があるとしたら、コロナに感染しないため、周りの人に感染させないためというのが、大きなモノとしてあると思います。

しかし、そのコロナウィルス自体が存在しておらず、コロナウィルスの存在を証明できる公的な機関が無い、というのが現実です。

テレビなどでは芸能人やスポーツ選手がコロナに感染した、年齢層もなにも公開されない全く見ず知らない人がコロナに感染したというニュースが流れますが、身近な周りの人達の間では誰も感染者が出ないというのが現実です。

コロナウィルス自体は存在していないから、周りでは誰も感染しないと考えると、身近な人の間で感染者が出ないという謎が解けるのではないでしょうか。

そして芸能人やスポーツ選手ばかりが感染者としてニュースに登場するカラクリについては、創価人脈を使った茶番劇である事が暴かれています。

・ワクチンの人口削減、コロナパンデミックは人為的な計画。

ではなぜ、そんな毒のワクチンを打たされ、コロナパンデミックという世界的な騒ぎが起きているのか。

その疑問について、RAPT理論を通して解き明かされており、こちらをご覧いただくと、このコロナ騒ぎを起こしている犯人一味や、その目的などがお分かりいただけると思います。

・ワクチン接種にかかる同調圧力

職場などでワクチン接種をする人が出てきて、ワクチンを断りづらい雰囲気というものが会社や組織によってあると思います。

しかし、ワクチンはただただ危険な毒物で、打つ必要が全く無いものです。

そもそもワクチンの接種は個人の任意、つまり国民一人一人が受ける受けないの判断を決める事ができ、その事をワクチン接種にうるさい河野太郎自身が言っています。

たとえ、仕事をクビになりそうな雰囲気があっても、仕事はまた探す事ができます。

しかし、ワクチンを打って死んでしまったら、仕事と違って取り返しがつきません。

ワクチン接種をしなければいけないかのような、変な同調圧力に流されて、ワクチンを打ってしまう事が無いように願います。

また、仮に予約をしてしまった場合でも、キャンセルすることについて引け目を感じて、ワクチンを打ちに行ってしまわないようにと願います。

キャンセルすることと、人口削減が目的の毒をわざわざ打ちに行くこと、その二つを天秤にかけた時に、キャンセルする事の方がよほど命を守る選択に繋がるでしょう。

現実に、ワクチン接種に関してはキャンセル者が続出しています。

そのため、予約をしてしまった場合でも、キャンセルする事にことさら引け目を感じる事も無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です