GoToトラベルに乗ってワクチンを接種するのは危険。
GoToトラベルに乗ってワクチンを接種するのは危険。

GoToトラベルに乗ってワクチンを接種するのは危険。

岸田文雄は、GoToトラベル政策の再開を検討している旨を述べていました。

自民党総裁選に立候補した岸田文雄氏は19日、日本旅館協会の浜野浩二会長らとオンラインで協議した。新型コロナウイルスの感染拡大で停止中の観光需要喚起策「Go To トラベル」について、再開を検討すると伝えた。

岸田氏は協議後、国会内で記者団に「再開には安心して活用できる仕組みが必要だ」と話した。新型コロナへのワクチンの接種証明を使う意向を示した。旅行者が旅館やホテルを利用する際に提示を求める案がある。

再開する時期に関しては「平時に近い社会経済活動を取り戻し経済を再開したら」と述べるにとどめた。

岸田氏「GoTo再開」検討 ワクチン接種証明を活用

GoToトラベルの再開にあたって、ワクチンの接種証明を活用する方針を出している事から、ワクチンを接種した人のみが割引を受けれる、ワクチンパスポートに近い制度をGoTo利用に設ける方針がある事が伺えます。

 

ワクチンパスポートについてですが、それを導入する目的は、ワクチン接種をするための圧力であるとイスラエルの保健相がうっかりバラしています。

今回のGoToトラベルの場合は、圧力ではなく景品で釣る形をとっています。

ワクチンの危険性に気付いているのに、このような景品でワクチンを接種してしまう人が出てくるのではないかと懸念されます。

ワクチンの危険性とGoToを天秤にかけたら、その危険性がGotoの割引をはるかに上回ると考えられます。

一時の旅行の割引のために、3年で死ぬリスクのある毒ワクチンを接種するのは、賢い選択とは思えません。

むしろ、割引や景品のために毒のワクチンを打つ事があってはいけません。

ただ、ワクチンを警戒している人が増えているため、ワクチンパスポートに似たGoToトラベルと接種証明の抱き合わせに、警戒をする人も多く出ると考えれます。

現に、宮城県では、ワクチン接種に景品をつけるキャンペーンを実施しても、予約がほとんど埋まらないという事が起きています。

日本でも、ワクチン未接種者への差別を禁止する条例を規定に設ける県が出てきており、ワクチンを接種させる圧力が弱まっています。

ワクチン未接種差別、8県が禁止 27道府県は国の対策求める

今後も、これまで起きてきたワクチン接種をさせる動きが弱まっていき、ワクチンパスポートの計画が頓挫することを祈ります。

 

恐らくワクチンパスポートも一回の発行されれば安心という事もないと考えられます。

イスラエルでは、ワクチン接種証明に期限が設けられてり、更新にはワクチンの追加接種を条件につけられています。

定期的なブースター接種が必要に? イスラエル、ワクチンパスポートに有効期限を設定

ワクチンは、3回目、4回目と打つほどにその危険性が増します。

コロナを仕掛けてきたユダヤ人の李家は、政府やマスコミやを通じてワクチンの危険性を隠してきましたが、まだワクチンの危険性について知らない方がいれば、ワクチンの危険性についてキチンと納得いくまで調べることをお勧めします。

また、コロナパンデミックは捏造されたパンデミックなため、ワクチンを打たなくてもコロナに感染する事はありません。

そのためワクチン接種しない事でコロナにかかるという心配をする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です