家族で喧嘩をして、家族にイライラをブツけ、子供を怖がらせてしまうなど、家庭の荒んだ部分を頻繁にツイートしているアカウントが目立ち、物議を醸すことがありました。

https://twitter.com/Tonka2ebifurai/status/1675044381286604800?s=20

一応このツイートをしている「Tonka2ebigurai」というアカウントについて、注意が必要で、バズった後はアカウントを削除しています。

また、フォロワー数とインプレッション数とに噛み合わない部分があり、ファロワー数はたしか一千数百でしたが、リツイートが0のツイートであってもインプレッション数が数万もあったりと、不自然なことも見受けられるアカウントでした。

このアカウントの運営目的が、荒んだ家庭の内容をツイートし、家庭の悲劇のようなものを見せるのが目的で、あえて人々の心に荒廃感を植え付ける目的で作られたアカウントだった可能性もなきにしもあらずです。

このアカウントに対して批判的なリプライが思いの外増えたため、アカウントを削除したのかもしれません。

ただ、このように人の心が荒むようなものを見せて、人々が一つのネガティブな考えから抜け出せないようにするような手口は、イルミナティ(悪魔崇拝者)が使い、人々の心が荒むテーマを見せて、人々をそこに閉じ込めるような目的があったのかもしれません。

 これからの時代に悪魔が狙うのは何よりも人の心です。そこにはワクチンも食品添加物もウイルスも爆弾も必要ありません。

 

実際に毎日のように家庭の愚痴をツイートをする人は少ないとしても、家庭内がギスギスしているという場面に遭う人は、珍しくないのかもしれません。

それだから、このようなツイートが共感されると見込まれて、サタン側も家庭の荒廃を強調して見せていた可能性があります。

 

日本など先進国では、生活に事欠くほどに困窮して、衣食住の確保もままならないという生活をしている人はあまりおらず、生活に困らない時期が続いてきました。

不景気になっていますが、仕事も探そうと思えば探せる状態にあります。

衣食住があっても人の心が平安でいられる訳でなく、不満がなくならなかったり、なぜか他人を馬鹿にしたり他人から馬鹿にされたり、悪口を言われたり悪口を言うことが起きます。

人間関係がギスギスし、平和が維持されず、人間関係の平和があるようでないと言うことが現実にあります。

 

人間が間違った欲望を持ったり、感情を制することができず、トラブルを招いたり、様々な欲望のために知らず知らずに自分が間違った考えを持って間違った行動をしてしまうことなど。
人間が神様のことを知らないが故に正しい欲望を持つことができず、サタンに吹きこまれた間違った欲望を持ち続け、欲望と感情に溺れて、平安から遠ざかる生活をしてしまっていることをRAPTブログに出会い知ることができるようになりました。

 RAPT有料記事726(2023年3月6日)男は欲望に引きずられて身を滅ぼし、女は感情に引きずられて身を滅ぼす。感情や欲望に溺れることなく、むしろそれらを制し、神のために有益に使う術を学びなさい。

 RAPT有料記事489(2020年8月10日)主の愛を受けて生きる人は、主が必要なものを全て与えてくださると信頼しているので、本能と欲望の赴くままに生きる必要がない。

 RAPT有料記事349(2019年2月4日)祈りは私たち人間が正しい欲望を持つように導き、その欲望を満たす力を与えてくれるものだ。

 

例え頭の中で「この欲望を持っていたらいけない」「こんな発言をしたらいけない」と理解していても、それらを制しきる、力を全て自力で賄うのは難しいです。

御言葉に従って、神様に祈ることをしないと、霊的なサタンを退けられず、自分の弱さを膨らませる霊的な存在には対処ができず、気持ちを落ち着けるために、坐禅や瞑想をしても霊的なサタンには勝てず、無神論、精神論だけでそれらに対処すると言うのは不可能ではないかと感じています。

祈ることなしに、やはり間違った欲望を全て制することは不可能に近いでしょう。

でも日本人は、基本的に無神論が一般的になっており、神様に祈る習慣もあまりないため(神社などでお願い事をすることはしますが)、日頃から神様に祈り、神様に頼る生活をすると言うことは一般的には行われていないでしょう。

 

RAPTブログでRAPTさんの伝えて下さる御言葉を学び、日常的にお祈りすることで、不思議と人間関係の重荷が解けて、人間関係に煩いが消えていくことがありました。

職場の人間関係で、周りの人の発言がズキズキ刺さることがあったり、私自身も意見を言いたい場面が出るのに、基本的には意見は言いづらく、その板挟みで、対人関係に気を使って、気苦労することが日常的にありました。

人間のことだけを気にして、人間のことだけを考えていたら、この気疲れから解放されることななく、いつもどういうスタンスで居ればいいのかが、よくわからずにいました。

そういった人間関係で生じる圧も、神様に祈り、神様に意識を向けることで、不思議と溶けていき、何か問題があっても人や自分に訴えるのでななく、神様に祈ることで、それまで解けなかった問題も溶けていき、変に他人に干渉することも減っていきます。

例えば、どうしても自分が一緒にいて問題となるような人と、職場で一緒になるようなことが減ったり、そういった人と必要以上に接しなくていいようにと、環境が変わるなど、そういった具体的な変化が、祈る中で起きていった事もあります。(神様は個人的なお願いを聞いてくださったと感じ、嬉しくも畏れ多さを感じます。)

 

人間関係やそ人の考えにも、霊的な影響があることを感じ、例え衣食住が揃っていても、その場に神様の霊(聖霊)の影響がなく、むしろ敵意や殺意やわいせつ、などサタンの考えが渦巻いていたら、平和は遠のきます。

日本人は、あまり表立った争いは好まず、治安は良い国とされています。(岸田内閣の移民政策がこれを崩していますが)

そのため、平和が遠のくことに危惧を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

政府など人に頼っても、完全に助けが得られない社会になっており、人への助けに限界を感じる場面も増えているのではないかと思えることがあります。

 

一度、心を広くして、神様に頼って、神様に必要なものを求めて生きる選択肢があるということに気づいてくれる方が増えますことを願います。

RAPT有料記事740(2023年5月1日)どんなにこの世が裁かれ、経済が冷え込んでも、お金のため、生活のために生きるという愚を犯すな。いつの時代も、神様のために生きた人が祝福され、経済的にも豊かに満たされるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です