霊というと、どこか怖い印象を持っている方が多いかもしれません。

私が小学生のころ、奇跡体験アンビリバボーというテレビ番組が放送され、その中に心霊写真のコーナーがあり、それらを見て不気味だと感じることがありました(合成写真もあったのかもしれませんが不気味な事には変わりはありません。)

その後も生きていく中で、霊というものを意識せざるおえない状況に遭遇します。

私がアパートを借りて部屋にいたときに、何かが通った気配を感じたりする事もありました。

悪い感じがしない場合もあれば、不吉なものを感じる場合もあります。

心霊とは少し違いますが、厄年を告げられると、やはりその事が心に引っかかり、実際に悪いことがあれば、自分の厄年の影響なのか、また運勢が悪いからかもしれないと考えてしまう事もありました。

東日本大震災の被災地に行ったときに、一緒に行った友達が、その後、1ヶ月の間、首が痛い状態がつづくという事がありました。

また変な夢を見ることがあり、運転中に後部座席に霊が座っており、それに意識が取られて事故を起こしそうになる夢を見たこともあり、こういことが正夢になったら嫌だなと思うこともありました。

霊的な現象と思われるものがいくつも起きますが、霊のことに対して何か不安を抱えたとしても、具体的な解決策は中々わかりません。

まして、霊の話をすると、気味悪がられることが多く、まともに相談できるようなことでもありません。

気のせいだと言われたりしても、やはり精神面で影響を与える出来事であるという事を私自身感じていました。

色々と探す中で、RAPTブログに出会い、そこに霊に対する答えがありました。

RAPTブログでは、政治、経済、歴史、宗教、サブカルチャーまで、さまざまなことに言及されてますが、どれも理論整然と解かれており、霊のことも同様に、いままでではわかり得なかったことが理論整然と解かれていました。

https://rapt-neo.com/?p=8074

霊界には、悪霊やサタンという存在がおり、人間がそれらの霊から影響を受けて、不意に気分が落ち込んだり、ネガティブな考えが膨らんだりするという事が分かりました。

そして、テレビなどでは絶対に触れられませんが、霊界には、神様がいて天使や天軍もおり、人々に真実を教えて、正しい考えを教えてくれる存在ということも分かり、その神様や天使天軍から影響を受けることができるということが分かりました。

悪魔を拝むイルミナティが人々を洗脳する装置としてテレビを利用しており、テレビで持て囃され、スピリチュアルブームの先駆けとなった、江原啓之や美輪明宏も、悪魔を拝んでいることがRAPT理論を通して解明されていました。

イルミナティの情報が氾濫した世の中では、聖書のことや神様のことを殆ど知ることが出来ず、むしろ聖書では罪と言われていることに誘う、悪霊と繋がるような情報ばかりが氾濫しています。

イルミナティの教える情報にはそのようなものばかりで、それしか知らない中で、霊のことを意識しても、悪い霊ばかりに意識があってしまうということが考えられます。

そういったイルミナティの出した情報が氾濫する中、唯一、解決する答えを与えてくれていたのはRAPTブログでした。

 

今まで、霊的な問題で悩んでいても、なかなか人に相談できなかったという方もいるかもしれません。

そして、答えがなかなか見つからない中でも、答えを探し求めている方々が、RAPTブログに出会い、答えを見つけられるようにと願います。

 

・こちらもおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です