未分類

インフルエンザワクチンを打つと、かえってインフルエンザに罹る事について。

ワクチンと聞くと、身近なものでは’インフルエンザワクチン’、などがあり、また、一時副作用の問題が報道された’子宮頸がんワクチン’などが知られているでしょう。

ワクチンは病気にかからないための予防摂取で、ワクチンを打つと病気にかからなくなる、という認識で摂取する場合が多いと思います。実際ワクチンはそういうものだとマスコミでも言われますし、学校や職場でもそのような理由で摂取を推奨しています。

ところが、ワクチンを打った人は、病気にかからなくなるどころか、病気に罹りやすくなってしまう、という傾向が見受けられます。

私の知人の話で「妹が毎年インルエンザワクチンを摂取していたにも関わらず、毎年のようにインルエンザに罹っていた」と聞いたことがあります。そして「お金を払ってインルエンザに罹るのは馬鹿馬鹿しい。いっそのこと、インルエンザワクチンの摂取をやめようと決心し、インフルエンザワクチンの摂取をやめたら、その年はインフルエンザに罹らなかった。」と話をしてくれました。

また、インフルエンザワクチンを打ったらかえってインフルエンザに罹った、という声はネット上でも多数見受けられます。

以下こちらのサイトより引用

ワクチンでインフルエンザは予防できる?

以前、朝のニュース番組でキャスターが、「うちは家族4人全員でワクチンを打ちましたが、2人はインフルエンザにかかっています。今年ははやっていますから、みなさん気をつけましょうね」と言っていました。朗らかに、当たり前のように。

これって、どこかおかしくはないですか。

「ワクチン打ったのに、インフルエンザにかかったのです。かからないために打つのがワクチンではないのですか」と、怒るならわかります。しかし、そのキャスターが怒る気配は微塵もありませんでした。

このような状況は、このキャスター一家だけではありません。筆者が薬局に勤務していた頃、インフルエンザにかかって処方箋を持って来る患者の半数は、ワクチン接種を受けた人たちでした。しかし、誰も怒ったりはしませんでした。

引用終了

インルエンザワクチンが効かなかった事に対して、人前で感情的になって怒る人はあまりいないかもしれませんが、お金が無駄だと考えたり、インルエンザワクチンへの不信感を抱く人は多いと思います。

他にもインルエンザワクチンが効かずに、むしろ摂取後にインルエンザに罹った声をツイッターで探そうとし検索をかけて見たのですが、そのことに関する以前見かけたツイートが、殆どヒットしないという事態になっていました。

ワクチンに関する検索結果には、かなりバイアスがかかっており、特にワクチンの危険性を訴える情報はツイッターなどの創価企業が弾圧しています。

https://twitter.com/ajkydurtcs0txtk/status/1281202880167309312?s=21

ツイッター社の言論弾圧は、李飛飛という、イルミナティの李家の人間が取締役に就任してから酷くなる一方です。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1272347333120806913?s=21

しかし、こうやって言論弾圧をする事で、ワクチンが毒である事が図星であり、それが庶民に隠しておきたい情報である事も分かってきます。

また、先日のニュースでインルエンザワクチンを摂取した後に高校生が死亡したニュースがありました。

以下、ニュースサイトより引用

インフルエンザワクチンを接種した後に死亡した仁川(インチョン)の高校3年生の死因が、毒物に分類される「亜硝酸ナトリウム中毒」であることが明らかになった。警察は解剖で当該毒物が検出された事実と、それを直接購入した事実を確認した。  27日、仁川市弥鄒忽区(ミチュホルグ)警察署などの説明を総合すると、国立科学捜査研究院の解剖の結果、死亡したA君(17)の遺体から亜硝酸ナトリウムが致死量(成人基準で4~6グラム)レベルで検出された。A君は14日、インフルエンザワクチンを無料接種した2日後の16日午前、自宅で遺体で発見された。亜硝酸ナトリウムはハムやソーセージなどの肉加工品を作る時、肉の発色剤として使う代表的な食品添加物で、毒性が強く、他の物質と結合して発がん性物質を作る危険性も大きく、多量を服用すると死亡する可能性があるという。  警察はA君が亜硝酸ナトリウムを購入した事実も確認した。ただし、具体的な購入時期などは捜査中の事案なので公開できないとした。警察関係者は「A君の通信機器のパスワードが解けず検索記録の分析などに困難がある」と述べ、「インフルエンザワクチン接種や他殺とは関連がないと判断する」と付け加えた。警察はA君が自殺を選択したものとみている。  一方、大統領府の国民請願掲示板には、「A君の兄」と名乗る請願者による「死んだ弟の無念さを晴らしてください」との内容の請願が掲載された。彼は文章で「弟は成績も全校上位圏で、大学入試もほぼ終え、心理的な圧迫感やストレスが最小の状態だった」とし「普段の活動半径も家、読書室、学校を大きく逸脱することはなく、自殺をする理由が全くない」と主張した。この請願文は同日午後2時現在で1万8000人余りの同意を得ている。

引用終了

記事では高校生がインフルエンザワクチンの摂取が直接の原因だったのかは定かになっていません。

インフルエンザウィルスは毎年形を変えるという設定なので、インルエンザワクチンの内容も毎年変えている可能性が高いです。

そのため、ワクチンによっては毒性が強いものがあると考えられます。また免疫力の弱く、免疫に耐えらない体質だったなども考えられます。

ただ、どんな理由であっても、基本的にワクチンを摂取しない方が良いです。

ワクチンは毒であり、摂取した人の方が、摂取しない人より病気がちにいる証拠が多数あがっています。

そして、ワクチンを摂取しない人、また、ワクチン摂取をやめた人の方が元気になっている証言もあります。

ワクチンを危険性について記事を書いている私自身も、大人になってからは、ワクチンは摂取していませんが、これといって毎年インフルエンザに罹っている訳ではありません。

ワクチンの原材料にも、毒となるものが多数含まれていると言われ、やはり、これらを摂取すると体調が悪くなるというのは筋が通った話ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です