ワクチン,  新型コロナ

コロナワクチンの危険から、家族や身近な人を守るために出来る事。

コロナワクチンはいまだ治験中の段階で、その安全性は立証されておらず、むしろ多くの専門家がコロナワクチンの危険性に警鐘を鳴らしています。

時折、ワクチンの危険性に関する情報が、一般のニュースでも流れている事があります。

そのため、ワクチンが危ないという事をどこかしらで見たり聞いたりした事がある方も多くいらっしゃる事と思います。

ワクチンがどれだけ危ないものか、その証拠となる事例が沢山上がっています。

この事実を知ると、そんな危険なワクチンを接種させる人達がいるというのは信じられず、人によっては政府やマスコミがワクチンそんな危険なワクチンを庶民に接種させる訳が無いと考えてしまうかも知れません。

しかし、ワクチンを人々に接種させる目的には人口削減があり、これはマイクロソフト創業者のビルゲイツがTEDなど、公の場でワクチンを使って人口削減が出来ると発言しています。

そしてそんな卑劣な事を計画している犯人は、ビルゲイツなどを含むイルミナティ(ユダヤ人)である事がRAPT理論を通して暴かれています。

ワクチンを接種する事で、ワクチンを打った人には激しい副作用が報告されています。そして、ファイザーの元副社長のマイケル・イードン氏は、ワクチンの危険性について命掛けの告発をしており、その内容を聞くと本当に打ってしまったら取り返しのつかないことになる可能性が非常に高いです。

コロナワクチンは接種した人だけに危害が加えるだけでなく、周囲にいるワクチン未接種者にまでワクチンの害が及ぼす事が報告されています。

https://twitter.com/Tensai_Karyudo/status/1398795213406052352?s=20

コロナワクチンが接種者の周囲の人にも危険に晒してしまうこと。その事を裏付けるかように、ワクチン接種者を避ける組織がいくつも出て来ています。

今後、大規模接種会場の設置が進んだり、地方でも高校生など若い世代へのワクチン接種を実施し、ワクチン接種の話が舞い込んでくる機会が増えると考えられます。

しかし、その時に危険性を知らず、コロナが存在していると信じ込んでしまい、足早にワクチンを打ってしまおうとしてしまう人が沢山出てくると考えらます。

・コロナワクチンの危険から家族や身近な人達を守るために、コロナワクチンの危険性の情報共有を。

もし、ワクチンの危険性についてまだ知らない人が身内の方にいれば、是非一度ワクチンの危険性についてお話してみる事をお勧め致します。

先ほどもいくつかリンクを貼らせて頂きましたが、ワクチンの危険性を示す情報は、沢山上がっています。

取っ掛かりとなりそうな事からお話しして、これだけワクチンによって犠牲になっている人がいて、ファイザーの元副社長のような専門家もワクチンの危険性について告発していることなどの情報共有が出来れば、ワクチンの危険性について考えるきっかけができ、ワクチン接種へと飛びつこうとしていた方でも、冷静に考える機会が持てるかもしれません。

私も家族にワクチンの危険性について、機会があれば話をしているのですが、家族はワクチンを打ちに行く気は持っておらず、勿論ワクチンの接種にも行っていません。そして当然ながらコロナにも感染していません。

※コロナウィルスが存在しない事は、RAPT理論によって早期に暴かれています。(リンクはこちらから)

また、コロナウィルスの存在証明が無い事は、厚労省も認めるところとなっています。

https://rumble.com/vhhyk5-japanisches-gesundheitsamt-hat-keinen-beweis-von-virusexistenz.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です