未分類

【意外】電車でGOの会社・タイトーの由来はユダヤ人にあった。

電車でGOという鉄道の運転シミュレーションができるゲームがあり、ヒット作にもなりました。

電車でGOを発売している会社はタイトーになりますが、タイトーを創業したのはミハエル・コーガンという人物です。彼はウクライナ生まれのユダヤ人になります。

創業したタイトーの会社名は、一見日本語のように思えますが、実はユダヤ人に由来しており、wikipediaにもその事が掲載されています。

1950年 – ユダヤ系ウクライナ人の実業家、ミハイル・コーガンが、個人営業の輸入会社となる、太東洋行を設立する。「太東」とは「極東の猶太(ユダヤ)人会社」を指すという。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/タイトー

意外なところでユダヤ人が関わっています。

日本ではあまりユダヤ人の事が知られていません。テレビや学校の授業など、世間一般ではユダヤ人について殆ど取り上げられません。

世界的にはユダヤ人は有名なのですが、ユダヤ人のことを話題にするのはタブーとされる風潮が世の中にはあります。

ユダヤ人の話題がタブーなことにも意味があり、タブーの裏で、イルミナティというユダヤ人が各地で権力を握ってきました。

【上級国民の黒歴史】天皇家はユダヤ人。(ロスチャイルド家とロックフェラー家と李家)

イルミナティは正当なやり方で権力を取ったのではなく、悪魔を拝み、その中でおぞましい悪魔儀式を行い、また、嘘の情報で庶民を騙すなど、悪事によって権力を取ってきました。

ユダヤ人の事がタブー視される事で、自動的にイルミナティの悪事に触れられないよう世論が形成されることになります。

しかしそれによって多くの庶民が騙されてきたので、そのタブーが続くのはユダヤ人(イルミナティ)にとって都合が良く、庶民にとっては良い事がないと考えられらます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です