鉄道社会,  鉄道社会問題

JRの再国有化には、出口王仁三郎の計画が含まれる。

コロナが起きてから、都市部の路線においても利用客が激減し、大手の鉄道会社でも赤字が出ています。

首都圏 私鉄大手9社 コロナ影響で全社最終赤字に 9か月間決算

JRの地方路線は、赤字路線のものが殆どで、廃線が検討される事がしばしばあり、近年、JRの再国有化について議論もされてきたようです。

しかし、コロナが起きてから、鉄道の赤字化が地方以外の地域にも波及しているため、この議論によりいっそう拍車がかかっています。

安全問題研究会声明 : JRグループ再編・再国有化のための法案を決定

少し考えてみると、再国有化を急ぐのも結構危険なところがあります。

採算の取れない路線をずっと残して、税金でその維持費を賄うというは、結局は庶民に負担が掛かってくる事になります。何のための国有化なのかというと庶民のためにはなっていないでしょう。

維持費などの負担がかからないバスに代替するなど、庶民の負担にならないように、必要な交通サービスを残す事が重要だと思いますが、鉄道にこだわるのも疑問が残ります。

・鉄道を張り巡らせるのは出口王仁三郎(李家)の計画。

明治時代から、日本には鉄道が張り巡らされてきました。

自動車が発展するまで、鉄道は生活に必要な交通網だったと考えられますが、自動車が発展してもなお、不採算の鉄道が維持され続けてきました。

鉄道が廃線になるち、鉄道ファンにとっては寂しいなどの感情もあるのかもしれませんが、公共交通機関が一部の人の趣味嗜好で残され採算が合わないまま維持されるというのも正当性が無いでしょう。

鉄道を残す目的には、一部の人達の計画が関与しており、そこには出口王仁三郎の予言を成就させる目的があり、今現在、その政策は「一帯一路」と呼ばれています

あまりに鉄道が衰退して、廃線区間が増えたりしてしまうと貨物を走らせるための鉄道網も途切れ途切れになってしまうため、出口王仁三郎の予言を成就させたい李家(イルミナティ)としては、意地でも鉄道網を維持させたい、という思惑があるはずです。

彼らイルミナティは、貨物を全国に走らせるために必要不可欠な路線網を持つ「JR」を国有化してしまえば、当面廃線の危機を免れられると考えているのかも知れません。

鉄道の国有化にも出口王仁三郎が噛んでおり、出口は日本を共産主義化すると予言していました。

そして現にJALなどの航空会社が創価学会の手によって国有化されています。

国鉄には団体列車の「創価臨」を全国に走らせてきた歴史があり、国鉄にとって創価学会は上客と言われてきました。

そして鉄道は国土交通大臣のお膝元にあり、国土交通大臣は創価学会である公明党の議員がついています。

安倍内閣でずーっと国交大臣ポストをもらい続ける公明党 その狙いは?

国交省は’創価省’になっていると言えます。そのため出口王仁三郎の計画を引き継いでいる創価学会が鉄道の国有化に向けて、水面下であれこれと画策している可能性は高いです。

鉄道は自動車以上の輸送力があり、新幹線は自動車よりも早く移動できるため、鉄道全てが不要という事は無いと思います。

しかし、出口王仁三郎のカルト思想に沿って、鉄道が運営されると、創価や李家(上級国民)ばかりが良い思いをするように政策が敷かれ、庶民は更なる不条理を被るに違いありません。

・コロナパンデミックの嘘に騙されないために

コロナは嘘なので、満員電車でコロナのクラスターは起きてきませんでしたし、私自身も電車に何度も乗りましたが勿論コロナにはかかっていません。

コロナパンデミックを計画した出口王仁三郎(李家)と、その計画を実行している創価学会の言いなりにならないため、彼らの流す嘘情報に流されない事が重要です。

コロナパンデミックの真相についてはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です