【打ったフリ】有名人達のワクチン接種の、おかしな点が多数指摘される。
【打ったフリ】有名人達のワクチン接種の、おかしな点が多数指摘される。

【打ったフリ】有名人達のワクチン接種の、おかしな点が多数指摘される。

さまざまな有名人がカメラの前でワクチン接種した姿を見せています。

ところがそれら有名人のワクチン接種が不自然な点だらけである事が明らかになっており、ネット上では様々な指摘がされています。

・菅義偉

先行接種と称して菅義偉がワクチン注射を打った姿が、テレビで報道されました。

ところがこちらでは注射針が、飛び出してきているように見えると話題になっています。

また菅首相の接種医師の左手は、首相の腕に添えているだけでほとんど支えられていないように見えます。

これでは注射の位置がブレてしまい、注射針の使い方としてはかなり危ないように思えます。

そして、政治家はコロナワクチンが毒であることを知っているため、決して本物の毒ワクチンを打つことはないだろう、と考えられます。

 

・TBS社員、宮本晴代

なぜか、注射器の中身が引っ込んでいます。

また、注射を打った箇所に出血の跡もなく、ガーゼも直ぐに当てられる事もなく、注射は打っていないだろうという事が分かります。

宮本晴代はクライシスアクターとしても活動しているようで、ピーチ航空の客室乗務員を演じていた事もありました。

ヤラセを担当する役者であれば、ワクチンを打ったフリも、その仕事の一つとしてこなしたのかもしれません。

もしワクチンが危険だという事が確信できないけれど何となくワクチンを打ちたいくないという方がいれば、こういったマスコミの嘘報道に騙されないために、少しでもワクチンの疑問点があれば、根気よく情報を探す事が大切です。

私からはワクチンは毒なので、打ってはいけないという事をお伝えします。

 

・高市早苗

次期総裁選立候補者の高市早苗も、ワクチン接種した姿をアップし、接種報告をしています。

ところが、注射器にキャップのようものが付いたままで、接種医師の左手の手つきがおかしく、付き添いの人がサンダルであったりと、本当の接種現場としてはかなり杜撰です。

(政治家はワクチンが毒であることを知っているから勿論打っていないでしょう。)

 

・パックン

芸人のパックンが2回目のワクチン接種を報告しています。

パックンのツイートのコメント欄は批判殺到で、多くの人がパックンのワクチン接種に対し懐疑的です。

パックンは国民の命を守るためを思ってワクチン推進している訳だはなく、創価学会の関係者で、彼はワクチンを推進する事でお金がもらえるのか、やはり何か創価マネーから甘い汁を吸っている可能性が高いです。

 

ワクチンは単なる毒なので打ってはいけませんし、子どもに教養する事もいけないと私は思います。

しかし中には、周りがワクチンを打つように勧めてくる人ばかりで、そのような場合は危険な状況だと言えます。

特に、立場の弱い未成年や、従業員などは、周りの同調圧力に屈してしまう事も考えれます。

本当はワクチンを打ちたくないのに、周りの影響で同調圧力に負けてワクチンを打たされる事がないように、自分の力ではどうしようもなければ、神様により頼んで危機的な状況を抜け出させて下さるように祈る事が必要ではないかと感じます。

本当はワクチンを打ちたくない人が、諦めてワクチンを打ってしまう事がないようにと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です