Kubotaのロゴにはイルミナティのシンボルが隠されている。
Kubotaのロゴにはイルミナティのシンボルが隠されている。

Kubotaのロゴにはイルミナティのシンボルが隠されている。

トラクター、耕うん機など、農業用の機械を作っているメーカーにクボタがあります。

農業に接している人でなければあまり身近に感じないかもしれません。私自身もクボタを知ったのは池袋の暴走事故のニュースが出た時でした。

暴走事故の犯人の飯塚幸三について調べていたときに彼がクボタの専務を務めていた事でその存在を知るようになりました。

クボタは農工機メーカーにとどまらず、水道の鋳鉄管、計測器なども作っています。結構な大手メーカーと言えるのではないでしょうか。

クボタのロゴを見ていた時に、何かその穴あきデザインに引っかかり、見ているとCCCというロゴが隠されているのが見えました。

CCCというのは、実は悪魔の数字と言われる666の意味として使われる事があり、悪魔崇拝者の間では好んでこの数字が使われています。(悪魔崇拝に傾いたユダヤ人達であるイルミナティも、この666を好んで自らのシンボルに取り込んでいます。)

クボタの専務であった飯塚幸三もイルミナティであり、彼は天皇家の血筋である事が明らかになっています。

天皇家が李家である事がまた明らかにされていますが、李家に関係する字がクボタのロゴに隠されていました。

画像引用元http://logoca.com/corporate_slogan2/kubota/

「U」が「リ」になっています。

「リ」というと、「李」になるので、ここにもイルミナティのシンボルが隠されていると考えられます。

残りの「K」と「t」も欠けたデザインが取られていおり、もしかしたら何かを模したデザインになっているのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です