酸化グラフェンを使ったろ過装置は、体内に毒を入れる目的で作られている可能性が大。
酸化グラフェンを使ったろ過装置は、体内に毒を入れる目的で作られている可能性が大。

酸化グラフェンを使ったろ過装置は、体内に毒を入れる目的で作られている可能性が大。

マンチェスター大学の研究グループは、酸化グラフェン膜を用いて海水をろ過し、飲用水にする技術を開発したと発表していました。

酸化グラフェンで海水ろ過して飲用水に変える技術を開発-マンチェスター大

今後、マンチェスター大学の研究グループで行われたような酸化グラフェンを使って海水を淡水化する技術を広める動きが出てくる可能性があります。

国連では2025年までに世界人口の14%が水不足に陥ると予測している。現在、海水の脱塩処理に使われている逆浸透膜と比べると、酸化グラフェン膜は材料コストが安く、また低い水圧で水を通すことができるため装置コストも相当低く抑えられると考えられる。今回の技術の実用化によって、水不足の地域に安価かつ簡易に導入できる海水淡水化装置の実現が期待される。

https://news.mynavi.jp/article/20170411-a088/

酸化グラフェンですが、マウスを使った動物実験で急性肺障害や慢性肺病変を引き起こす事が実証済みです。

http://rapt-plusalpha.com/health/post-17858/

動物実験のみならず、人体への影響についても、コロナワクチンを通してその有害性は実証されています。

http://rapt-plusalpha.com/health/post-16605/

酸化グラフェンがワクチンに入っていると言う事がデマだという情報を流す動きもありますが(恐らく、イルミナティ関係者からお金を貰ってやっている人もいるでしょう)、そのコロナワクチンに酸化グラフェンが入っているという情報を、ツイッター社がわざわざ言論弾圧に出ており、焦って消している事から、図星である可能性は高いです。

http://rapt-plusalpha.com/health/post-16990/

また、ワクチンには酸化グラフェンが入っていると考えてかかった方が自らの身を守るためには安全です。

多数上がっている酸化グラフェンとコロナワクチンの関わり  (RAPT理論+α内検索)

 

生活に使う水の濾過に酸化グラフェンが使われると、その酸化グラフェンを体内に摂取してしまう可能性があり、酸化グラフェン濾過は危険だと考えられます。

それは、酸化グラフェンが水溶性で水に溶ける性質を持っているためです。

いくら安価とはいえ、人体に有害だと証明されているものをろ過装置として使うのは、市民のためにやる事とは思えません。

イルミナティは、私たち庶民が使うものに毒物を混入させてきた事も暴かれており、酸化グラフェンろ過装置も同じ手法によるもので、これも人口削減の一環と考えられます。

http://rapt-plusalpha.com/society/post-6448/

実際に人口削減の筆頭となっていたビルゲイツの財団は、酸化グラフェンの研究をするマンチェスター大学の研究者に60000ユーロを与えていました。

BBC Newsは、より安全なコンドームは、新しいマンチェスターの国立グラフェン研究所(National Graphene Institute in Manchester)で開発された初物のうちの1つになると報告した。

夫婦のビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)は、新しい「驚異的なマテリアル」からより強く、より薄いコンドームを作成するために科学者に1US$00,000(£60,000)を与えた。

「感覚を増強する」ことにより使用を促進する材料を生産するために、物質はラテックスと混じり合っている。

既知の最も薄く、最も強いマテリアルと言われているグラフェン(Graphene)は、2004年にマンチェスター大学(University of Manchester)で最初に分離された。

https://time-az.com/main/detail/42901

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です