殺鼠剤とコロナワクチン。
殺鼠剤とコロナワクチン。

殺鼠剤とコロナワクチン。

殺鼠剤(さっそざい)はネズミの駆除に使われます。

殺鼠剤には食べてすぐに効かないタイプの、蓄積毒系と呼ばれるタイプのものがあり、ネズミに数日にわたって殺鼠剤を食べさせると、その効き前があらわれ、ネズミは餌を食べてから数日後に死ぬ事が想定されて作られています。

https://minnezumi.com/knowledge/rodenticide.html

ネズミが、殺鼠剤を食べた直後ではなく時間差で倒れるので、仲間のネズミにも殺鼠剤への警戒心がつきにくいという効果があるようです。

これを見た時にコロナワクチンと似ていると思いました。

コロナワクチンは、打って数ヶ月経ってからその毒性があらわれると言われており、現に接種後数ヶ月経ってから、被害が出た証言もSNS上で見受けられます。

ワクチン接種から数ヶ月経立つと、ワクチンのせいで発症したことに気が付きにくくなります。

それらを利用して厚労省もほぼ因果関係を認めようとしていません。

接種直後に出る痛みが過ぎれば大丈夫というこではなく、その後にも危険がつきまとうというのがコロナワクチンです。

・何度も書かかせて頂いてますが、コロナワクチンはただの毒。

コロナワクチンは正式な認可のおりた薬ではなく、未だ治験段階であり、治験が終わっていないものを世界中の人に打たせている人体実験です。

コロナワクチンを広めてきたビルゲイツなどイルミナティ(悪魔崇拝者たち)は、庶民のことをゴイムと呼んで家畜(動物)とみなしているため、殺鼠剤のような毒を盛ることも厭わないのかもしれません。

https://rapt-plusalpha.com/14135/

https://rapt-neo.com/?p=11777

 

打った後すぐの高熱や腕の痛みは、ほとんどの人に出ていますが、接種直後の症状が過ぎたら大丈夫という話が出回っていることがあります。

しかし先述させていただいたように数ヶ月先にその症状あらわれるケースもあり、(打っていはいけないものがコロナワクチンだったのですが、河野太郎などの政府関係者や、製薬会社から賄賂をもらった医者などがコロナワクチンが安全だと嘘を流していました。

https://www.youtube.com/watch?v=x0hYfroolXk

政治家やマスコミの言うことを疑わずに、ワクチンを接種をしてしまった方が沢山います。

ワクチンを打ってしまった方も今後、追加で接種を受けてはいけません。

打てば打つほど危険が上がります。

そして、子どもに接種をさせてはいけません。

またコロナウィルスは存在しないため、ワクチンを受ける必要は一切無く、’ワクチンを受けなければいけない’という考えを抱く必要もありません。

コロナワクチンを打ってしまった方の中には、ワクチンの毒性から不安に苛まれている方もいるかもしれません。

そして、そのような方の中にも、その状況からなんとか抜け出したいと思われている方もいるかもしれません。

ワクチンの中身は種類も違い、金属などの解毒方法も確立されていないため、決まった解毒方法などもすぐに見つからないと思われます。

イベルメクチンがワクチンの解毒に効くという情報を見かけることもあり、新たな利権に誘導する動きも見られます。

 駆虫剤の「イベルメクチン」の重大な副作用に意識障害を追記 コロナに効くと盲信する人たちが増加

そのような中でも、本気で探し求めている方が、神様に縋り、なんとかそのような状況でも答えを見つけられることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です